ファッション

超一流メイクアップアーティストに学ぶ猫目アイメイク

 

レディーガガや、数多くのアーティスト、そしてハリウッドムービースターなど、セレブのメイクアップを担当することで、世界的に有名なメイクアップアーティスト「プリシラオノ」。

今回、とある美容イベントへの取材で、彼女のメイクアップ術を間近で見る機会を得ました。
その日披露されたのは、近年ブームになっている「猫目メイク」。

アイラインとマスカラを使って、ほんの数分で魅力的な目元に♪

さて、そんな彼女のメイクアップアフター写真と、使用アイテムについてチェックしてまいりましたので、それら情報を公開。シェア。ぜひ活用なさってくださいまし~。

さて、こちらが今回のモデルさん。

切れ長の目が素敵な和風美人です。

彼女に、プリシラオノがメイクしていきます。

猫目メイクの手順

手順は次の3ステップ。

・アイシャドウは薄い色からではなく濃い色からのせていく
・アイラインは思い切って跳ね上げる。黒目の上から目じりのラインを最初に書くのがポイント。目頭は後。
・マスカラは、扇形にまつ毛を広げるようなイメージで。特に目頭、目尻の部分にボリュームを出す。
・マスカラの後、グリッターを塗ったつけマツゲをつければクリスマスパーティーメイクに。

そしてこちらが完成写真でございます。
アイシャドウ、アイライン、マスカラガッツリ!
結構な舞台メイク…かと思いきや、猫目なメイクだからでしょうか。想像しているよりもマイルド。キツさが少なくキュートな印象が強いんですね。

プロがやるからでしょうか。つけまつげも大げさではなく◎

「30代でつけマツゲしてる人はちょっと痛い…」という意見もあろうかと思うのですが、自然なものを選ぶと30代以降でもメイクに取り入れる事は可能なんだと思います。


というワケで、みなさまもぜひ、猫目メイクに挑戦してみてくださいね!

Ai

投稿者の記事一覧

四国出身 同志社大学商学部卒

WEB広告に関する仕事を経て、女性向けのコンテンツ制作の世界へ。
皆様の生活を“ちょっとだけ素敵なものに”する、そんな情報をたくさんお届け!

35-45WOMAN

関連記事

  1. ずっと古くないデザイン「ロベルタディカメリーノ」の魅力
  2. がま口専門店「あやの小路」のトラッドスタイル小物がカッコいい!
  3. 男性への贈り物でもう困らない!「ピッチーの」のブックカバー
  4. ユネスコ無形文化遺産「石州和紙」のすばらしさを再確認したい!
  5. エロティックなNY5番街の香水「オノレ・デ・プレ」
  6. 大人になったら持ちたい!神戸「ATAO」のバッグ&ウォレット
  7. 香りを生活に取り入れよう「テラクオーレノーツ」
  8. LINEフレンズにハマってみよう!グッズが可愛すぎる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Must-Dos Intended for Improving Your Dissertation Writing Knowledge
  2. Persuasive Composition Writing Strategies: The Good, The Bad and The Unappealing
  3. Just How To Cope With Narcissistic People

ピックアップ記事

PAGE TOP