インテリア

前から不思議に思っていた「3Dペン」を実際に使ってみました

 

発売時に大変話題になったため、そういう存在をご存じの方も多いハズ…な、「3Dペン」。

「空中に絵が描ける」という謡い文句が衝撃的でしたよね。

コレ、「実際にどんなものなの…?」という事で、この度、3Dペン「3Doodler」を作る「株式会社ナカバヤシ」の担当 田中さんにお話を伺ってきました!

3Doodler 2.0の仕様を知ろう

さて、こちらが今回紹介する株式会社ナカバヤシの「3Doodler」。

名前の由来は、「3D」と、「落書き」の意味を持つ「Doodle」。

初期モデルから、リニューアルされ、重さが半分以下、サイズが75%スリム化しているんだって!

され、その仕組みは、グルーガンのそれにちょっぴり似ています。

専用のプラスチックフィラメントの棒↓を差し込み、電源を入れることによって熱で溶かしながら、ペン先から押し出す…という感じ。なるほど!そういう仕組みだったんですね。3Dプリンターを、アナログにした”と言えばわかりやすいかも?

もちろん、このフィラメントにはいろんな色が用意されているわけです。

初心者向け 簡単な自転車を作ってみた

さて、まずは、簡単な作品を作ってみます!

公式サイトで公開されているテンプレートを使います。3Dプリンターと違い、もちろん自分の手で描くから、専門のソフトや立体データなどは必要ありません。

先ほどのフィラメントをペンの中に入れ、しばらく待つと準備完了。

「にゅるり」とペン先から溶けたフィラメントが押し出されます。丁寧に描いて、固まるのと待ちながら、徐々に成型…

テンプレートからはがし、立てた後は、立体的な部分をさらに成型。

細かな部分を修正しながら、作っていきます。

最初はなかなか慣れない感じですが、自転車を1つ作るころにはコツをつかむはず。

実際、初めて使う人でも、1~2時間くらいで、やや複雑な作品を作る事があるんだとか!

ちなみに使用するプラスティックフィラメントは、先ほどのシンプルな自転車の場合、1本弱。

うーん…なかなか楽しいです!

お子さんがいらっしゃる方は、一緒に楽しむと、新たなクリエイティブの才能が目覚めてしまうかもしれません!
気になる人はぜひ♡

購入は、公式サイトのオンラインショップの他、MoMAのオンラインストアicon、そして表参道のMoMAデザインストアなどで可能です。

Ai

投稿者の記事一覧

四国出身 同志社大学商学部卒

WEB広告に関する仕事を経て、女性向けのコンテンツ制作の世界へ。
皆様の生活を“ちょっとだけ素敵なものに”する、そんな情報をたくさんお届け!

35-45WOMAN

関連記事

  1. 長崎「波佐見焼き」は日常使いのお洒落な器です
  2. 視覚障碍者が作る!肌触り最高の今治タオル「ダイアログ・イン・ザ・…
  3. cafe「ルパンコティディアン」に学ぶ ベルギー流 朝食のすすめ…
  4. お洒落な普段使いに。砥部焼を楽しむ
  5. カーテン?それともシェードにする?
  6. 可愛すぎるお菓子たち。ちょっとした工作でオリジナル雑貨に!
  7. ちょっと寂しくなった時はお部屋に生花を飾ってみて
  8. 回って色が変わる!自宅で楽しむクリスマスオーナメント「グリッター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. 犬のお耳ケアについて大切なこと
  3. 秋です。ラグはお好きですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP