グルメ

インドネシアのチョコレート「Pipiltin Cocoa(ピピルティンココア)」

 

チョコレートマニアがまたも要注目なチョコレートブランドを見つけました!

インドネシア各地のカカオ豆を使った、ビーントゥバー*のチョコ、「Pipiltin Cocoaピピルティンココア)」がそれ。

今日はこちらのブランドについて、ちょっと詳しくご紹介したいと思います。

*カカオ豆の選定から自社で一貫して行うチョコレートの製造方法

ピピルティンココアとは?

ピピルティンココアは、カカオ生産量世界第3位であるインドネシア産のカカオ豆を主役にした、シンプルな作りのチョコレートブランドです。

カカオ農家から、品質の高い豆を正規の値段で仕入れるフェアトレードブランドでもあります。

スマトラ島アチェ州、フローレス島、バリ島、東ジャワ島のカカオをシングルオリジン(単一産地)で楽しむことが出来ます。ワインやシャンパンと楽しみたい「ピピルティンココア」|チョコレート大事典

ピピルティンココア ライターのおすすめプロダクト

ライターがまずおすすめしたいのが、「やめられない、止まらない美味しさ!」の、「カラメルがけカカオニブ&カシュー」。

缶を開けた時のボリュームが嬉しい驚き!

ココナッツシュガーの優しい甘みが際立った一品です。

そして、次におススメなのは「板チョコ」!

ピピルティンココアは、インドネシアのカカオ豆を使ったビーントゥバーブランドである事は、冒頭にご紹介しました。ですので、このカカオ豆の味わいをダイレクトに感じられる、シンプルな板チョコも、やはり、食べていただきたい逸品なんです。

同じ国とはいえ、それぞれのカカオ豆の味の違いを楽しむために、4種類すべて買い求めるのもおススメですよ。

さて、そんなピピルティンココアですが、2017年日本に上陸しています!

オンラインショップからのご購入が可能~~嬉しいですね。
http://www.pipiltin.jp/?mode=f2

また、インドネシアに行く予定がある方は、デンパサール空港(ングラライ空港)のWHSmithなどにも置かれています。

超チョコマニアhitomi

投稿者の記事一覧

デパ地下スイーツ店の元店長。
チョコレートを求めて、ベルギー、フランス、オランダ、イタリア、ベトナムを旅したことも。

チョコレート大事典

関連記事

  1. 夏限定4!「夏子の酒」を読んでから飲む。
  2. 酒蔵見学に行こう 後編
  3. おちょこで味が変わるって本当ですか?山本で試してみる。その1
  4. たまには1人で、「水に逆らわない酒」をたのしむ。
  5. ジョエル・ロブションのパン専門店があるって知ってた?
  6. 松波酒造の利き酒会にいってみた 前編
  7. 新潟の「神楽南蛮味噌」で焼きおにぎりを作ってみた
  8. パリで一目惚れした貴婦人チョコ「ボワシエ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 秋です。ラグはお好きですか?
  2. アメリカの最新アロマ事情  〜 ミネラル鉱山編 〜
  3. 関東エリアの登山初心者向けの山 3選

ピックアップ記事

PAGE TOP