グルメ

瓶のサイズでわかる、酒好き度。

 

さてさて、日本酒ビギナーだったのに、

気付けば冷蔵庫に各種日本酒が常備されている状態になっていた……というアナタ!

やりますねえ。

 

今日は、とっても初歩的、コスパの関係をお伝えします。

 

 

コスパ、略さずしてコストパフォーマンスが良いのは、

一升瓶だ!

 

 

……以上。

あたりまえの結論が出てしまったところで、詳しい数字を見てみましょう。

 

 

————————-

四合瓶と一升瓶

————————-

 

さて、こちらご登場願うのは、一升瓶の而今と四合瓶の山本さんである。

見て分かる通り、一升瓶はデカい。

その内容量は、1.8リットル=1800ml。

合に直すと、10合だ。(お店で飲む日本酒がだいたい1合)

 

対して四合瓶は名前のとおり4合分が入っていて、1合×4=720ml

つまり、4合瓶の2.5倍が1升瓶というわけだ。

 

 

次に値段である。

えーっとこの右側の而今だと……と試しに検索してびっくり。

ネット通販で、14000円!?

 

なんと、かなりのプレミアがついている。

「飲む前に売ればよかったかな」という悪魔のささやきは置いておき、私は運よく、お酒屋さんの抽選会で当選し、定価で買わせていただきました。

(こういう抽選ものには、強い女です)

 

而今に関しては、人気大爆発らしく、フツーに買えないようですね。

なんともただの日本酒ラバーとしては悲しいものがありますが……。

 

おっと、話を戻します。

試しに隣の山本さん(ついつい敬称をつけてしまう)を比べて見ると、

某ネットショップではまったく同じ銘柄で四合瓶だと1,599円、一升瓶だと3,200円。

つまり、約2倍のお値段で、2.5倍の容量が飲める

というわけです。

 

これを、

「それなら当然、1升瓶買うだろ~」と思えば、あなたは立派な酒飲み!

よっ、大和撫子っ!

※個人の大和撫子の解釈です

 

「いやいや冷蔵庫で場所取っちゃうから」

「いろいろな種類を飲みたいから」四号瓶で、となれば理性派といえそうです。

まあ、ふつうの女子は後者でしょうな……。

 

 

————————-

而今の実飲

————————-

さてプレミアで盛られまくっている而今を思い切って飲んでみました。

ん?これがプレミアがつく味?

メロンやパインの香りがするような……

 

正直、最初の1.2日はピンと来なかったのですが、

数日たつと味がまろやかに、やさしく、まるく、あまあく変化。

はいはいはい、このコクにそっと抱きしめられたい酒飲み続出

ってことなんでしょう。

 

つまみは、サラッときゅうり塩昆布。

而今の甘みを邪魔しない感じがよろしいかと思いました。

はい、よろしいです!

よろしいです~♪

さてさて、では今夜も飲みすぎませんよう、

全国の日本酒ラバーのみなさまに向かってカンパイ!

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 花は散っても、春はこれから。 七賢 純米春しぼり おりがらみ
  2. ワインのように「寝かせる」とおいしくなる日本酒
  3. 松波酒造の利き酒会にいってみた 後編
  4. お花屋さんが展開するカフェ「Aoyama Flower Mark…
  5. 日本酒を半額以下で手に入れるウラワザ
  6. お父さんと一緒に飲みたい日本酒
  7. 父の日のプレゼントには、ちょっとめずらしい日本酒を。
  8. 酒蔵見学に行こう 後編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP