トラベル

農村ミュージカル?!伝統芸能「神楽」にハマってみませんか?

 

伝統芸能…と聞くと、食わず嫌いの人も多いのかしら?と思うのですが、近年、イケメンの演じ手や、漫画などがきっかけとなり、落語や歌舞伎などが若い女性の間でもブームになりつつありますよね。

そんな伝統芸能の中でも、旅ライター こんどうのおススメは、初心者でもわかりやすくワイワイと楽しめる「神楽」です。

伝統芸能「神楽」とは

もともとは神様をもてなすための儀式であった、「神楽」。

とはいえ、庶民の娯楽としても成り立っていた背景から、物語を楽しむことのできる見世物としての要素ももっています。
「農村ミュージカル」と称されることがありますが、まさに!

前者はおごそかな雰囲気で、「ザ・伝統芸能」というような印象なのですが、 後者は、ヒーローと悪役、姫が出てきて、勧善懲悪的ストーリーがわかりやすく、派手!

伝統芸能「神楽」のここが見どころ!

演出が派手

厳かなイメージのある伝統芸能ですが、例えば夜神楽などでは、ブラックライトが使われたり…と派手な演出があるのも神楽の特徴。

写真のように、スモークが効果的に用いられることも多く、また、人気演目である「ヤマタノオロチ」などでは、オロチが暴れまくり舞台からはみ出ることも!

衣装が派手

使用される小道具にも注目。

古いモノや、また1枚で何百万もする高額なものなど…

島根で行われている神楽では、地元の石州和紙を使って作られた面などがあり、地域の文化も感じることが出来ます。

BGM

神楽の音楽を担当しているのが、「楽人」と呼ばれるメンバー。

掛け声も担当しています。

追っかけもいる!演者さんたち

神楽が盛んな地域では、子供の頃から神楽団に入り、神楽を演じます。
演者たちは、地元のヒーロー!

基本的にお給料が出るわけではないのに、演じることが好きという事で、その伝統を守り続けてくれています。

人気の演者さんには、おっかけがいる人も?!

というワケで、伝統芸能「神楽」、いかがでしたでしょうか。
旅先でだけでなく、たまにある東京公演でも楽しむ事が出来ますので、検索してみてくださいね!

取材協力
神楽門前湯治村

旅ライター こんどう

投稿者の記事一覧

1年の半分を旅に費やす、超ノマドライター。温泉ソムリエ。

2016年はパリ、ベルギー、中国、台湾、韓国、カンボジア、タイ、マレーシア、インドネシア、そして日本中をぐるぐる。

女子旅ライターが行く!

関連記事

  1. お花の砂糖漬けとチョコレート♪フランスに行ったら買いたいスイーツ…
  2. ベルギービールについて改めて知りたい!女子向けおすすめビール紹介…
  3. 青いお茶 バタフライピーって知ってる?
  4. 伝統工芸 鎚起(ついき)銅器メーカー「玉川堂」
  5. 沖縄の島胡椒「ぴーやし」が美味しい!
  6. スイーツみたいなコスメ「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」
  7. 虫よけスプレーをオーガニックにチェンジしよう!
  8. バーベキューに、ピクニックに!割れないグラス「ゴヴィノ」。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP