トラベル

旅でその土地の日本酒をいただこう。子連れ旅行編

 

さて、いろいろな秋の楽しみ方がありますが、旅行好きで日本酒好きのアナタ!

ぜひ道中、ほろ酔いで旅してください。

(電車で飲みすぎると乗り過ごすので、お気をつけてくださいね!)

 

さて、私は先日、家族であるところに行ってまいりました。

夫1人とちびっ子2人、それでも道中で日本酒を飲めるんだ~という「気づき」を得ていただいたら本望です。

さて、起点は東京駅。

の地下にある酒売り場。

はせがわ酒店(地下中央口改札ちかく、改札内GRANSTA内)

http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/hasegawasaketen.html

 

こちらは各地の日本酒が小瓶が売っているので、往路で飲み切るのにいいサイズなんです!おちょこ代わりの小さなコップももらえます。

 

さて、ここでは東海道方面にむかう気分を高めるため「初亀」をゲット!

初亀は、静岡県藤枝市の初亀醸造株式会社さんの有名銘柄です。

(サッカーもすごいけど酒もうまい!)

 

つまみは同じく東京駅構内で調達したまい泉の海老カツサンドとトンカツサンド…、

初亀のクセのないうまみ・あまみのあとから来るスッキリ感、それと海老カツのジューシーさがたまらんです。

 

え?これはランチではないですよ、午前のおやつです

(子どもたちにほとんど食べられました……)。

 

外を眺めていると、海が!

そうです、私たちは、熱海にやってきたのでした。

熱海に来たのは実に18年ぶり。

あの頃さびれていた駅前も、いまじゃ駅ビルが建ち、バスターミナルが充実し、インバウンドのお客さまもたくさん来ています。

昭和初期の新婚旅行のメッカだったATAMIブランド復活の兆しを感じました。

 

さて、海鮮丼で腹ごしらえをして……

(しらすとアジ、おいしかったです)

海。

海水浴はできませんでしたが、見るだけでもウキウキしてしまいます。

(私は海なし県在住)

あ~気持ちいい。

 

 

子連れで熱海旅行は、初めてですが、

何がいいって街がコンパクトなところ!

 

有名どころを回るなら「湯~遊バス」の一日券(700円)がお買い得かと。

周遊の向きが一方向しかなく、運航が1時間に1~2本程度というデメリットもありますが、なぜか不便は感じませんでした。子連れのペースがゆっくりだからでしょうか。

https://www.tokaibus.jp/image/yu-yu-map_big.jpg

 

 

さて、海のあとは早々にホテルへ到着。

(いろいろラッキーがあって、普段泊まれないようなところに宿泊)

プールに入ったり、露天風呂に使ったりで、あっという間に夕食。

夕食は和洋折衷のバイキングだったのですが、そこは懐の深い日本酒の見せどころです。

 

「伊豆山々」をいただきました

(ホテルの方には、なぜか広島県のお酒を勧められましたが)。

こちらのお酒、精米歩合が65%と、50%以下でないものの、ぬか臭さ、米臭さみたいなものが無く、スルスル飲める。

 

表記は辛口とありますが、私にとっては甘い。米のうまみを感じるからでしょうか。

キーンと冷えているのも良かったのかもしれません。

ローストビーフに、寿司に、テリーヌにと、いろんな味をきれいにまとめてくれました。

(そして20分足らずで空く)

 

 

よ~し、もう一本!と頼んだのがこちら、花の舞

こちらはですね、伊豆山々とは対照的に、パンチのあるタイプ。

イメージではお父さんたちが好きな味ですね。

私はクシャミが出てしまい、飲むのを断念しました。。。

(私は合わない日本酒を飲むとクシャミが出ます……なぜか)

 

 

 

そして3本目は、夫がホテルの売店で購入していたこちら

「伊豆山のしずく」。

 

いや~もう3本は飲みすぎでしょ、と言いながら味見をしたら、うまい。

「伊豆山々」と系統が似て、スッキリ飲み飽きないお味だな~と思ったら、どちらも富士錦酒造株式会社とあります。

同じところで作られているお酒だったんですねえ。

原稿を書いている今気づきました。

 

精米歩合55%の純米吟醸。

常備したいコスパ(価格を忘れましたが、300mlで500円以内)とおいしさでした。

ごちそうさまです!

 

 

というわけで、4種の日本酒と旅行中に仲良くなった1日。

お母さんだって家族旅行で飲めるんです。

 

 

そしてそして……私はアルコールにそこまで強くはないのですが、何種類も飲めるコツは、

水!

お酒の2~3倍のお水を飲めば、子どもの世話もできる程度の正気さを保てます。

(夫は酒に強いはずが、水を飲まないので酔っぱらいに)

 

さてさて、旅でも家でも上手に飲んで、ほろ酔いの旅と人生を楽しみましょう~。

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. わくわくドキドキ「狂言」初体験!「大藏基誠 狂言ラウンジ」に参加…
  2. 青いお茶 バタフライピーって知ってる?
  3. 旅の思い出を「紙のアルバムに残す」オンラインフォトアルバムがちょ…
  4. サマンサタバサの空港専門ショップがあるって知ってた?!
  5. 伝統工芸 鎚起(ついき)銅器メーカー「玉川堂」
  6. 高知を旅したら仁淀川を楽しめるアイスカフェに行ってみて!「高知ア…
  7. スパイス入りクッキー、ベルギーで有名な「スペキュロス」って知って…
  8. お墓参りと家紋の話し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. 犬のお耳ケアについて大切なこと
  3. 秋です。ラグはお好きですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP