グルメ

地元のお酒を感じよう(埼玉)

 

前回は、旅でおもむいた土地のお酒を堪能するのはいいもんだ、という内容でしたが、

今回は、地元のお酒はいいもんだ!というテーマでお送りします。

絞り方である「槽掛け(ふながけ)」についても触れていきます。

 

 

さてさて、日本酒の蔵って意外と全国に点在しているんです。

 

国税庁 清酒製造業の概況(平成25年度調査分)から

https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/seishu/2013/pdf/15.pdf

 

私が住んでいる埼玉県は35蔵あるようでして。

というわけで先日、埼玉のお酒が(ちょこっと)集まった売り場に行き、8銘柄を試飲させていただき、おいしかった2銘柄を購入してまいりました!

 

権田酒造から「上撰原酒 ひやおろし 直実」と、

小山本家酒造の「ひやおろし 純米吟醸原酒 世界鷹」であります。

 

 

まず権田酒造(←リンクあり)の直実(なおざね)の説明をば。

権田酒造は埼玉県熊谷市にあり、そこは「熊谷直実(くまがいなおざね)」という人の本拠地でした。

え?誰だって?

ほら国語の教科書に出てきた平家物語「敦盛の最期」に出てくる武将で、

「敦盛を打ち取ろうと顔を見たら、我が子と同じくらいの年齢だったので逃がそうとしたけど、味方もいるしそうできないから泣く泣く首を取ったひと」ですよ。

のちのち仏門に入ります。

え?覚えてない?

 

……というわけで、名産の少ない(?)埼玉県において、平家物語という日本を代表とするS級に有名かつ重要とされる書物に登場しちゃってる貴重な人、なわけです。

さて、そんな「直実」のひやおろし原酒(アルコール度数18度)を飲むと……

パンチすごい!笑

主張しっかり骨太味、うまみ、甘さ(やさしさ)を感じてグッとぐる。

そして不思議なことに、最初の一口よりも、飲み進める方がおいしく感じる。

いわゆるコクのある醇酒タイプだと思います。

さらに、後ろ側のラベルを見ると冷や、常温、ぬる燗、燗におすすめとある。

で冷蔵ばかりで飲んでいたのですが、ぬる燗~燗の温度にしてみたんですよ。

たまら~ん!!

パンチそのまま、中ほどでうまみ爆発、カッとキレていく。

なおざね~うまいよ~なおざね~うまいよ~にゃおざね~……(ちなみに、熊谷には「にゃおざね」というネコのゆるキャラがいます。にゃあ。

くまもんを超えられるか?!……いや比べるのはやめておきましょう)

あら、ちょっとカワイイ。

 

 

で、この権田酒造さんなのですが、お酒を絞るとき

「槽掛け(ふながけ)」というやり方で絞っています。

いわゆる昔ながらの製法でして、日本酒をつくる過程のあとのほう、「発酵した醪(もろみ)を絞ってサラサラのお酒にする」ところです。

ひとくちに絞るといっても色々なやり方があるんです。

今日一般的になっているのは、日本酒を布袋に入れ、大きな機械の板でそれをサンドイッチし、ぶいいいいいんと日本酒を吸い取るというもの(そしてその板には酒かすが残ります)。素早く手間なくできる技術です。

 

 

それに対して槽掛けというのは、日本酒を布袋に入れて、それをお風呂の浴槽のような四角い木の箱に並べ、木のフタをし、その重みでジワジワ絞るというもの。

日本酒に負担をかけづらいので、味がまろやかになるといわれています。

 

 

現在、槽掛けで絞っている蔵はとても少ないといわれていますが、こちらで紹介している鏡山酒造さん、釜屋さん、も槽掛けだったはずであります。

比較的、小規模の蔵の方が、槽掛けを採用しているのかもしれませんね。

 

 

さて、お次は、世界鷹(←リンクあり)。

一口飲んで、ああ、スッキリ~♪

さっぱり~♪

でも味はあるよ~♪というかんじ。

精米歩合60%で、こんなにキレイな味とはすごいです。

ひやおろしではないけれど、『全国燗酒コンテスト2017』で最高金賞を受賞したらしいですね。ほほほ、これもお燗むきと。

余談ですが埼玉県の神亀というお酒も絶賛燗向け

う~ん、埼玉はお燗で生きるお酒が多いのかしらん……いや、5/35蔵の話ですね。

 

こうやって、地元のお酒を知るほど、地域のカラーも見えてきておもしろいというもの。

これから寒さ一直線、あったかい日本酒であったまりたいですね!

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. そうだ、京都、飲もう。前編
  2. 日本酒の味は「温度」で変わる!「酔鯨」9温度・飲み比べ(前編)
  3. ジャンデューヤクリームの楽しい使い方を教えちゃいます
  4. 罪悪感ないカレーを食べよう♪女子ランチなら「ukafe(ウカフェ…
  5. 夏限定4!「夏子の酒」を読んでから飲む。
  6. 広島の新B級グルメ「汁なし担担麺」を食べてきた!
  7. 職人の街「蔵前」にあるチョコレートショップがお洒落!「DANDE…
  8. 夏に飲んでおきたい日本酒1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP