グルメ

日本酒の味は「温度」で変わる!「酔鯨」9温度・飲み比べ(後編)

 

 

前回までのあらすじ

「酔鯨(すいげい)」を9つの温度で飲み分け、味の違いを調べることに。

ロック4.5℃~常温17.3℃の4段階ですでに味に変化ありまくり(詳細は前回へ)!

 

さて、後半は引き続き、温度を上げてまいります。

ちなみに暖め方はコレ。

名付けて「おちょこ湯ぶね」!

お湯を入れたボウルにおちょこを入れるというものです。

(最後の60℃だけは、電子レンジで温めました…!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、ではポカポカ穏やかな温度、日向燗から参りましょう~

 5.温度:30.0℃(日向燗)

味:最初は辛みを感じ、後半ほんのり甘みを感じます。

米の香りもふんわりとする。

そして、ちょい上げの……

6.温度:35.8℃(人肌燗)

味:辛みが舌に残る感じに変化。大根おろしのようなピリピリを感じる。

そして、大根おろしと同じく、食が進むかんじ。

お次で劇的に変化……

7.温度:48.1℃(上燗)

味:口に含んだとたんパッと広がる辛み、後半はまろやか。

こりゃ変わったな~と実感です。

ただ酔鯨らしい「味」はしないかも。スッキリというより「しょっぱなパンチ」して消えていく感じ。

 

 

でもって、いよいよ熱燗!

8.温度50.5℃(熱燗)

味:辛みが薄まり、透明感のあるまろやかな水のような味に。

後半甘みを感じる。

これが、いいのか悪いのか……うん、いい!

 

 さて、最後は……

9.温度:60.0℃(飛び切り燗)

苦みや甘みより、後半の酸味を強く感じる。

ん~すっぱいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

と、いうわけで、後半の結果も前半と同じ。

日本酒の味は、温度によって嘘みたいに変わる!

35.8℃だと「大根おろし」が出現するということが判明しました。

(あのピリピリ感にはびっくり!)

 

では、いったい酔鯨は何度がうまいのか……!?

 

もちろん、人によるでしょうが、

私は30℃のぬる燗が一番!

辛みと甘みのバランスがいいように思います。

 

続いて、スッキリかつ旨みもある12℃、同じく温かいのにスッキリ感じる50℃の熱燗ですかね。

つまみの春巻きも大変おいしくいただきました。

(撮影中、終始揚げたてのいい匂いに包まれておりました)

酔鯨のようなスッキリ系お酒には、口の中をさっぱりさせてくれる脂っこいつまみか、

同じくさっぱりした刺身なんかが合うようです。

 

 

ああ、次は刺身で試したい!(*´Д`)

 

みなさんも、日本酒をひとつ買ったら、好みの温度を見つけていくのも楽しいかも。

ラベルの「おすすめ」とは違ってOK!

イメージと違った新しい味に出会えるかもしれません♪

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 同じ銘柄の「バージョン違い」に感動してみる
  2. お花屋さんが展開するカフェ「Aoyama Flower Mark…
  3. お母さんに贈って、一緒に飲みたい日本酒 
  4. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  5. 松波酒造の利き酒会にいってみた 後編
  6. 「エスプレッソ」の楽しみ方をマスターしよう!
  7. 月火水木金 1週間分お弁当メニュー vol.3
  8. 交流をあたためるために、酒を温めよう。ぬる燗エンドレス「満寿泉」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP