グルメ

そうだ、京都、飲もう。前編

 

さて、日本酒の名産地、と聞いてどこを思い浮かべますか?

新潟?山形?そうそう、米と水がおいしいところですものね。

しかし、日本酒を語るうえで欠かせない場所、それは京都!

現在の日本酒の生産量は全国第2位。

そして1,000年前の政治と文化の中心の地。

技術力が要る日本酒も多いに関係が深いんです。

 

平安時代の朝廷での規定が記録されている「延喜式」なる書物(905~907年)に日本酒の記述が出てくるそうな。

さまざまな酒造法や目的によって4種の酒があることなどが書かれているそうで……いや~当時の人も色々な工夫をしていたんですね。

酒で酒を仕込む、という貴醸酒なこともすでにやってたっぽいです。

なんたる技術力!!

 

さて、そんなこんなで平安からの室町幕府が開かれたころ、京都には約350軒の酒蔵があったというから驚きます。

前のコラムにも書きましたが、現在の埼玉県で35蔵ですよ?

その十倍が京都にあったというから、街じゅうが酒臭かったりして。

 

 

さて、京都の中でも特に日本酒で有名な地は伏見。

京都駅のちょっと南、伏見稲荷のあるあたりです。

伏見は「伏水」と表記されていたくらいの、豊かな水どころ。

つまり、おいしい酒どころとなったわけです。

「灘(現在兵庫県)の男酒」「伏見の女酒」なんていわれるように、

伏見の水は、硬度低めのやわらかい水質が特徴。

なんといいますか、冷蔵してても冷たく感じず、するすると身体に吸収していきそうな、あの軟水がお酒になったかんじ。

いいですねえ。

ちなみに灘は太平洋に面しているため、船での輸送がしやすいこともあり、

江戸時代になると江戸へ向けて大量の日本酒が出荷されました。

当時、上方(京都地方)から江戸へ下ってくる「下りもの」と呼ばれる技術力の高い工芸品や着物、

日本酒がもてはやされていたそうです。

下りもの、くだりもの……。その反対は?

カンの良い方はおわかりでしょう。

いま使われている「くだらない」という言葉は、下りものではないという意味から

取るに足りないという意味になったそうですよ。

 

 

うんちくが長々しいですが、そんなわけで私、京都に行き素敵な日本酒と出会ってきました!

 

敢えて銘柄の下調べをせず、カンで飲んで「これだ!」と思った一本……!

出会いに燗無用……じゃなくて感無量です。

 

それが松本酒造株式会社の「愛山 純米酒 桃の滴(もものしずく)」。

 

「愛山(あいやま)」とは、酒米の品種のこと。

なになに、スター酒米、山田錦と雄町の孫にあたると(現在の酒米はだいたいこの二種の親戚)。

兵庫県で誕生したもので、栽培が非常に難しいと。

剣菱さん(有名な酒造メーカーさん)がひっそりと栽培し、生かしてきて、十四代(超絶人気の日本酒。もしかすると日本一人気)が愛山をつかったことでブレイクしたと。

 

……なんてうんちくは脳みそから消してOK!

とりあえず、おいしいから飲んでみて!

爽酒というより、醇酒?いやその間?

びっくりしたのは、メリハリのある味。

日本酒度をみると「+2」なのですが、感じるのはコクのある甘さ。

そしてグッとくる深みのあとに、サラッとキレるというわけで、たまらないんでございます。

 

伏見の女酒~なんてイメージで、ゆるゆると飲めてしまうお酒を想像していたのですが、まったくチガウ。

女の人にもいろいろいるように、伏見の酒も一辺倒ではないようです。

 

むかし紹介した写樂に味が似ている(メロン香をのぞいたような)……なんて言ったら各方面からおしかりを受けそうですが、

とにかく良い、酔い!

 

 

というわけで、出合ったきっかけである話題のお店をご紹介しますね。

ひとまず、乾杯……ではなくグッバイ!また会いましょう。

 

 

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. おちょこで味が変わるって本当ですか?山本で試してみる。その1
  2. メジャーな日本酒の表現を知ろう×作
  3. 旧友と「ひやおろし」を楽しむ  
  4. トロトロあつあつのチョコをかけて♪ドゥバイヨルの「アヴァランシュ…
  5. 毎日、味が変わる日本酒!?~風の森 秋津穂 純米~
  6. いい仕事、してますか? めきめき美味しくなっている「松の寿」
  7. たまには1人で、「水に逆らわない酒」をたのしむ。
  8. 日本酒の味は「温度」で変わる!「酔鯨」9温度・飲み比べ(後編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Must-Dos Intended for Improving Your Dissertation Writing Knowledge
  2. Persuasive Composition Writing Strategies: The Good, The Bad and The Unappealing
  3. Just How To Cope With Narcissistic People

ピックアップ記事

PAGE TOP