美容

お正月明けのお役立ちアロマオイル♬

あけましておめでとうございます!

今年の年末年始、皆さんはどう過ごされましたか?
年明けのありがちな不調「食べ過ぎ・飲み過ぎ・休みすぎ!」をエッセンシャルオイルで解消しませんか?

 

食べ過ぎや飲み過ぎの不快な「胃のむかつき…」

胸焼けの主な原因は胃酸が食道に逆流することで起こります。あの胸や喉が焼けるような感覚。2種類のエッセンシャルオイルで胸をマッサージすることで楽になります。試してみて下さいね。

★レモンオイル    ……  2滴
★ペパーミントオイル ……  2滴
★お手持ちのキャリアオイル(ココナッツオイルやホホバオイル)を手のひらに少量。ない場合はなくても大丈夫!
全てを手のひらで混ぜ合わせ、胸骨や胃のあたりを時計回りに円を描きながら、擦るようにマッサージ。
すっきりすること間違い無しです。

ペパーミントの成分のメントールには、胃腸の機能を高め胃の働きを活発にする働きがあることから、消化不良の改善に適しているのです。アルコールの飲み過ぎや、食べ過ぎ、油ものの胸焼けを防いで消化を促進。腸内ガスの排出を促す作用があります。
レモンオイルは、飲み過ぎや、食欲不振にも爽やかな香りで気分をすっきりされてくれます。天然100%のレモン精油は特にデトックス効果が高く定期的に取り入れると良いですよ。
実は、妊娠中のつわりにも効果があり、芳香療法としても使われているんです!

 

「休みすぎ」と言うより、きっと「う~ん、明日から会社(学校)かぁ。何となく行きたくないなぁ」なんて思った時はこれ!

ルームスプレーで「がつん」と一発使ってみて下さいw。

★スペアミント  …  1滴
★ティートゥリー …  1滴
★ユーカリプタス …  2滴
★スプレーの大きさにもよりますが、精製水10ml程度のレシピです。オイル浮きが気になる方は無水エタノールを少量いれても良いかもしれません。
※精製水が必ず必要という訳ではないです。使い切れる量なら普通のお水だけでも平気です。
心身がスーッとします。どのエッセンシャルオイルも強い清涼感を持ち、気持ちを明るくサポートしてくれます。

または、
★ペパーミント …  1滴
★オレンジ   …  1滴
★お手持ちのキャリアオイル(ココナッツオイルやホホバオイル)を手のひらに少量。ない場合はなくても大丈夫!
いつでも時間のある時に足裏にマッサージ、元気チャージして下さい。
オレンジオイルのシトラス系の爽やかで甘い香りは気分を高め元気にしてくれます。ストレスが原因で起こる不安をコントロールして、癒やしをもたらし、心身のバランスをち整えるのに役立ちます。

年の初めの体調不良をエッセンシャルオイルで吹き飛ばして、2018年を素晴らしい年にしてくださいね。

横浜/青葉台アロマセラピストのKeiでした。

関連記事

  1. 聖夜にふさわしい神秘の香り
  2. お家で簡単ヨガ〜梅雨のむくみとダルさをスッキリ解消〜
  3. 今更ですが、ごぼう茶を飲んでいます。
  4. お家で簡単ヨガ〜消化を助ける食べ過ぎ解消&リラックス〜
  5. 夏本番。こんなオイルがあれば一安心!
  6. 高級タオル「エアーかおる」がスゴイ
  7. 女子力UPのアロマオイルとは
  8. 果物いっぱいもらっちゃった、そんな時はサングリアを作ろう!

コメント

    • 金原早苗
    • 2018年 1月 09日

    keiさん、爽やかなオイルの使い方、ありがとうございます。読んでるだけで、気分がスッキリ、しましたよ!

    • 読んでいただいてありがとうございます。香りの好みもあると思いますが、身近なものとしてオイルも取り入れて頂けると嬉しいいです♬

    • maho
    • 2018年 1月 19日

    レモンなどの柑橘系の香りは、気分を変えるにもピッタリのオイルですね。
    質問なのですが、ルームスプレーは作ってから1ヶ月以内に使い切る、などの使用期限はありますか?

    • 柑橘系の香りは、香りを嗅ぐだけでも元気にもなりますよ!
      ご質問のスプレーはご自分で作るものなので長期の保存は出来ません。少しの量作ってをなるべく早く使い切る事をお勧めします。
      使用期限は置いておく場所にもよりますがあまり温かい場所だと香りが変わってきてしまいます。(お水も腐ります。変な表現でごめんなさい!)
      出来れば2.3週間で使い切って下さいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 獺祭ってなあに?~人気の日本酒を紐解く~ 後編
  2. 月火水木金 手作り弁当を大公開
  3. 獺祭ってなあに?~人気の日本酒を紐解く~前編

ピックアップ記事

PAGE TOP