グルメ

花は散っても、春はこれから。 七賢 純米春しぼり おりがらみ

 

 

春の味を楽しもう

みなさま、新年度をいかがお過ごしでしょうか。

今年の首都圏の桜はものすごい勢いで開花し、散っていきましたね。

桜は散るから美しい、というのはもっともですが、もうちょっとゆっくりしていってほしかったなあ、なんて

勝手なことを思っています。

 

 

さてさて、花は散っても春は楽しめる、この時期ならではの日本酒をご紹介しましょう。

「七賢 純米春しぼり おりがらみ」です。

ピンクのラベルが、かわいいですね~。

女子心をくすぐります。

 

「七賢(しちけん)」は以前にもご紹介させていただいた山梨県の酒蔵のブランド。

プレミアムな大吟醸が高い評価を受けています。

昨年は、日本一美味しい市販酒が決まるきき酒イベント「SAKE COMPETITION」のSuper Premium部門(720mlで小売価格が10,000円(外税)以上、1800mlで15,000円(外税)以上の清酒)で第一位を受賞してらっしゃいました。

日本一って、すごいですねえ。

 

 

低精米でもおいしい酒

と、ここでいったん脱線しますが、一般的に高価格の日本酒は、高精米であることが多く、その方が雑味が少なくおいしいといわれがちです。

例えば50%以上お米を削って作られるお酒が大吟醸と呼ばれますが、なかには90%以上お米を削るものも存在し、その分材料費がかかったり、人的リソースを割かねばならなかったり、作り手の気合が必要だったりして、高いお値段がつきます。(プレミアム価格とは別)

 

そうやって作られたお酒は大概、香り高く、キレイな味わいで、日本酒を飲みなれない人からでも「おいしい」と言われやすいのです。

 

ただこれは、低精米(精米歩合が低い。お米をあまり削らないで作るもの)がまずいと言っているわけではありません。

個人的には、むしろ低精米なのに、飲みやすくておいしい、値段もお手頃、という日本酒は偉大だなと感じるのです。

 

 

というわけで、本件の七賢は低精米。

精米歩率70%という驚愕の低さ!

いやこれ、本当に、今までの常識を覆す味ですよ。

世の中の「高精米=うまい」、という図式を破壊してくれるはずです。

しかも、1000円台でしたから!!

 

 

 

意外と辛口

お味のレポート、まいります。

程よい硬さ、厚みのあるうまみと甘み、後半のキレのするどさゆえに、バシッと辛口になる印象です。

数人に飲んでもらったところ、酒好きにとっては、「甘口だね」という反応。

しかし、ふだんお酒を飲んでいない人にとっては「うわ~辛い!」という反応でした。

 

同じものなのに真逆の反応が出るのは、さすが日本酒の奥深さといったところですね。

うん、興味深い。

 

 

 

おりがらみとは

「おりがらみ」とは、お酒中に白いオリが漂っている日本酒のことを指します。

 

澄んでいるお酒との違いを簡単に説明すると……、上澄みだけを取るか、そうでないかというもの。

 

日本酒を製造するにあたり「もろみ」という段階があります。もろみとは、酵母が発酵して糖からアルコールを作っている状態です。

そのもろみを搾ったあと、タンクに貯蔵されるのですが、時間が経つとオリが沈み、タンクの上の方が澄んできます。

この上の方だけを取りだして瓶詰すると、通常の日本酒となり、下に沈殿したオリも一緒に瓶詰めすると「おりがらみ」となるわけです。

 

「おりがらみ」の味は、オリがあるぶん、うま味が強いといわれているので、うま味を甘みと感じるのかもしれませんね。

 

というわけで、七賢 純米春しぼり おりがらみ。コスパがいいので、何度もお世話になりそうです!

みなさんも春のお酒で、よい春のスタートを切ってくださいね!

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. スパイス入りクッキー、ベルギーで有名な「スペキュロス」って知って…
  2. 沖縄の島胡椒「ぴーやし」が美味しい!
  3. 緑茶(グリーンティー)をメインにしたレストランがあった!「GRE…
  4. 「風の森」との出会いは突然に。日本酒ラブストーリー
  5. 日本酒を半額以下で手に入れるウラワザ
  6. 発酵食品食べていますか~ 味噌汁飲んでますか~(後編)
  7. おちょこで味が変わるって本当ですか?山本で試してみる。その1
  8. お母さんに贈って、一緒に飲みたい日本酒 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Types of Literature
  2. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  3. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術

ピックアップ記事

PAGE TOP