グルメ

花は散っても、春はこれから。 七賢 純米春しぼり おりがらみ

 

 

春の味を楽しもう

みなさま、新年度をいかがお過ごしでしょうか。

今年の首都圏の桜はものすごい勢いで開花し、散っていきましたね。

桜は散るから美しい、というのはもっともですが、もうちょっとゆっくりしていってほしかったなあ、なんて

勝手なことを思っています。

 

 

さてさて、花は散っても春は楽しめる、この時期ならではの日本酒をご紹介しましょう。

「七賢 純米春しぼり おりがらみ」です。

ピンクのラベルが、かわいいですね~。

女子心をくすぐります。

 

「七賢(しちけん)」は以前にもご紹介させていただいた山梨県の酒蔵のブランド。

プレミアムな大吟醸が高い評価を受けています。

昨年は、日本一美味しい市販酒が決まるきき酒イベント「SAKE COMPETITION」のSuper Premium部門(720mlで小売価格が10,000円(外税)以上、1800mlで15,000円(外税)以上の清酒)で第一位を受賞してらっしゃいました。

日本一って、すごいですねえ。

 

 

低精米でもおいしい酒

と、ここでいったん脱線しますが、一般的に高価格の日本酒は、高精米であることが多く、その方が雑味が少なくおいしいといわれがちです。

例えば50%以上お米を削って作られるお酒が大吟醸と呼ばれますが、なかには90%以上お米を削るものも存在し、その分材料費がかかったり、人的リソースを割かねばならなかったり、作り手の気合が必要だったりして、高いお値段がつきます。(プレミアム価格とは別)

 

そうやって作られたお酒は大概、香り高く、キレイな味わいで、日本酒を飲みなれない人からでも「おいしい」と言われやすいのです。

 

ただこれは、低精米(精米歩合が低い。お米をあまり削らないで作るもの)がまずいと言っているわけではありません。

個人的には、むしろ低精米なのに、飲みやすくておいしい、値段もお手頃、という日本酒は偉大だなと感じるのです。

 

 

というわけで、本件の七賢は低精米。

精米歩率70%という驚愕の低さ!

いやこれ、本当に、今までの常識を覆す味ですよ。

世の中の「高精米=うまい」、という図式を破壊してくれるはずです。

しかも、1000円台でしたから!!

 

 

 

意外と辛口

お味のレポート、まいります。

程よい硬さ、厚みのあるうまみと甘み、後半のキレのするどさゆえに、バシッと辛口になる印象です。

数人に飲んでもらったところ、酒好きにとっては、「甘口だね」という反応。

しかし、ふだんお酒を飲んでいない人にとっては「うわ~辛い!」という反応でした。

 

同じものなのに真逆の反応が出るのは、さすが日本酒の奥深さといったところですね。

うん、興味深い。

 

 

 

おりがらみとは

「おりがらみ」とは、お酒中に白いオリが漂っている日本酒のことを指します。

 

澄んでいるお酒との違いを簡単に説明すると……、上澄みだけを取るか、そうでないかというもの。

 

日本酒を製造するにあたり「もろみ」という段階があります。もろみとは、酵母が発酵して糖からアルコールを作っている状態です。

そのもろみを搾ったあと、タンクに貯蔵されるのですが、時間が経つとオリが沈み、タンクの上の方が澄んできます。

この上の方だけを取りだして瓶詰すると、通常の日本酒となり、下に沈殿したオリも一緒に瓶詰めすると「おりがらみ」となるわけです。

 

「おりがらみ」の味は、オリがあるぶん、うま味が強いといわれているので、うま味を甘みと感じるのかもしれませんね。

 

というわけで、七賢 純米春しぼり おりがらみ。コスパがいいので、何度もお世話になりそうです!

みなさんも春のお酒で、よい春のスタートを切ってくださいね!

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 夏限定4!「夏子の酒」を読んでから飲む。
  2. まるで和風リゾット!美肌の湯「嬉野温泉 温泉湯豆腐」を取り寄せて…
  3. 広島の新B級グルメ「汁なし担担麺」を食べてきた!
  4. 月火水木金 1週間分お弁当メニュー vol.3
  5. お花屋さんが展開するカフェ「Aoyama Flower Mark…
  6. 干し柿に合うのは何チーズ?
  7. お母さんに贈って、一緒に飲みたい日本酒 
  8. 夏に飲んでおきたい日本酒1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Must-Dos Intended for Improving Your Dissertation Writing Knowledge
  2. Persuasive Composition Writing Strategies: The Good, The Bad and The Unappealing
  3. Just How To Cope With Narcissistic People

ピックアップ記事

PAGE TOP