ライフスタイル

住宅の価値について考えてみよう ②

 

前回の記事では日本は住宅の価値が欧米と比べると低いということを指摘して終わりました。

↓↓↓↓↓

住宅の価値について考えてみよう ①

 

そんな日本で今注目されてる住宅の価値を上げるビジネスをご紹介します。
皆さん、TVでCMを何気なく観ていると思いますが、CMの背景とかを気にしたことありますか?

CMの主役は商品やサービスの内容を伝える俳優や女優だったりしますが、室内で撮影されたような背景ってありますよね?
食卓で家族が団らんするシーン、季節の家電製品を訴求するシーン、車のCMでも室内シーンがチラッと登場します・・
ここまでいうと幾つかのCMを既に連想する方も多いのではないでしょうか。

一概に室内での撮影といっても本物の住宅なのか、住宅に似せたセットで撮影を行っているのか??
この違いに気付く方はいらっしゃるはず。

 

住宅系スタジオを更に分類すると「人が実際住んでる住宅」で撮影しているのか、「撮影専用のスタジオ」で撮影しているのか、こういう視点でCMを観ている方は少ないと思うのですが、今回は前者の「人が実際住んでいる住宅」に注目したのです!

 

一般論でいうと本来住宅の内部を撮影する場合は撮影専用のスタジオを活用する場合が多いのです。
それらの撮影場所は「ハウススタジオ」と呼ばれます。
ハウススタジオとはまさに住宅風なスタジオであって、制作会社会社やTVの放送局などが多い大都市に多数存在します。
撮影の度に、家具を入れ替え、カーテンを付け替え、部屋の雰囲気をまるごとガラッと変えることが出来るのです。
ただ、その入れ替え作業に伴う仕事は結構な時間とお金が費やされるのです。
更に室内の生活臭を出そうとすればするほど、難易度が上がります。

今この記事をご自宅で読んでいる方がいらっしゃればちょっと部屋を見回して頂きたい。
皆さんの部屋が綺麗に整理整頓してあっても何となく生活臭感じませんか??
例えば机の上が雑然としてあったり、脱ぎっぱなしの衣類がそこらに放ってあったり・・
繰り返しになりますがこのリアルな生活臭を出すのって本当に難しい!

そなると、ハウススタジオでなく実際に人が住んでる本物の住宅を借りて撮影しよう!という発想になります。
ただ、人が実際に住んでる住宅を借りるってなかなか簡単ではないのです。
しかも撮影の設定にも依りますが、CMやドラマに使われても見劣りしないご自宅を所有されてる人も限られますよね。
仮にあなたが素敵なご自宅に住まわれて、いきなりピンポンされて「今度、自宅を撮影に使わせてください!」っていわれても躊躇しませんか? 知らない人を自宅にあげるリスクって有りますよね。
実際に謝礼を戴く条件で自宅をスタジオとして貸したオーナーの方が「二度と撮影には自宅は貸さない!」と後悔する話は少なくないのです。これは撮影側の常識と住宅オーナーとの常識にギャップが発生してしまうからなのです。
なので、撮影の設定が「リアルな住宅での撮影」となると、スタジオ探しから、色々神経使ったりで大変なのです!
冒頭で新しいビジネスと触れましたが、リアルな住宅を撮影場所として登録出来るサイトThehomeが最近制作会社からの支持を得ているという話を訊きました。

https://thehome.jp/

簡単に説明すると撮影会社と自宅を貸しても良いオーナーの仲介と管理を行います。
オーナーさんは場所を提供するだけで、制作会社の色々な打合せや撮影本番の現場対応などはサイト運営者が全て代行。
そして撮影終了時に撮影協力費を受け取る仕組み。
気になる撮影協力費は明記されていないのですが、1時間当たりの撮影料金が2万円から3万円と記載があります。
オーナーへの報酬が仮に20% だとします。
1日の撮影で10時間だとすると2日間で8万~12万という計算が成り立ちます。
これなら何かと話題の民泊と比べても短期で得る報酬額は抜群に良いのでは!?
住宅の価値より土地の価値が先行してしまう日本では素晴らしい仕組みです!
対象が誰にでもある訳ではないのですが・・・

次回はもう少し深掘りした情報がお届け出来たらと考えています。
それまでに色々情報収集しておきますので楽しみにしていてください。

storia管理人

投稿者の記事一覧

storia.clubの運営責任者です。

関連記事

  1. 残暑を乗りきろう!
  2. 人前で緊張しない方法とは?
  3. ジャズクラブに行ってみる   ~はじめて編~
  4. 関東エリアの登山初心者向けの山 3選
  5. 愛犬のかゆみの原因とは・・?
  6. 動物愛護週間で学ぼう
  7. 声はどこから響かせる?~ハキハキ効果~
  8. 子犬を迎える時に揃えておきたいペット用品

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. 犬のお耳ケアについて大切なこと
  3. 秋です。ラグはお好きですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP