グルメ

いい仕事、してますか? めきめき美味しくなっている「松の寿」

 

 

ゴールデンウィークがズンズン通り過ぎていきましたが、いかがお過ごしですか?

え?

まだ身体に働きモードのスイッチが入っていないって?

わかります……わかりますよぉおお、スイッチが、身体のどこかに消えましたからね。

 

それじゃあ、できることから社会復帰していきましょう。

そう、飲むことから!(仕事を終えてからね!)

 

今回ご紹介するのは、松井酒造店の「松の寿(まつのことぶき)」。

こちらの酒造の元となる酒造は、1865年に創業……実に153年も続いている造り酒屋さんです。

 

で、私の父の実家がこの近くにあるんです。

父の先祖は代々この土地に住み続けていて、あたりいったい名字は同じ……ご近所さんはだいたい親戚です。

 

ということは、153年前も私のご先祖さまはこのあたりに住み、

松井酒造のお酒を飲んでいた、と推測できるのです。

なんというロマン!

5代前のご先祖さまも、これで乾杯したのかしら……(少なくとも2代前の私の祖父祖母は飲んでます)。

 

そしてもう一つ感動すべきは、

味がぐんぐん美味しくなっているということ。

ええ、味は人の官能の問題です。だから、一概には言えませんよね、ええ。

 

だから、言い換えますと、私にとっては昔(10~15年前か)飲んだときより、すごくおいしくなっているのです。

 

 

私は正直、松の寿に油断していました。

ああ、なんか昔飲んだ気がするな~なんて、ぼーっと一口飲み、刮目。

「ちょっ笑!、これおいしすぎるんですけど!おとーさん~おかあーさん!」と

父と母と祖母に報告した(実家に帰省中)とお伝えしておきます。

 

アラフォーでも親を叫ばずにはいられない。

侮れないおいしさでした。

 

味は、フルーティではなく、派手な香りもせず、

甘みのある旨みがグッときてスッキリ味わえる、そういった部類です(伝わりますか?)。

 

日本酒好きの父も「地元が日本に誇れる酒になった」

とやや上から目線ですが、びっくりしておりました。

 

日本狭しとはいえ、やはり「地元意識」は強いもの。

近所のお店の商品が、レベルをあげて全国的に有名になっていくと、うれしいものがありますよね(同時に寂しさも覚えたり)。

 

 

 

さて、合わせたつまみはこちら。

タラノメのおひたし……!!!

これ、母が作ってくれたんですけど、

お世辞じゃなくて、最高でした。

季節の山菜タラノメ。採れたては、天ぷらじゃなくてもクセがなくいただけるのでしょうか。ハーブのような爽やかな香りが口から鼻へぬけていきます。

 

ああ、春風。ああ、松の寿。

ほんとに寿、マジあっぱれです。

 

最近では雑誌にも多く取り上げられているようなので、

見つけたらどんな風に評価されているか、ぜひチェックしてみてください。

 

ちなみに人気銘柄の、「鳳凰美田」、「仙禽」、「たまか」も栃木県です。

最近の栃木県のお酒は、めっぽうおいしいのです……いったい何が起こったのでしょうね。

このままでは移住してしまいます。

 

というわけで、松の寿のごとく、私たちも仕事の研鑽を積んでいきたいですね。

まず私は、お仕事スイッチを見つけてONにしなくては……ですね!

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. スパイス入りクッキー、ベルギーで有名な「スペキュロス」って知って…
  3. 女子会のシメに飲みたい日本酒
  4. ご自宅で美味しいフォカッチャを♫
  5. 月火水木金 手作り弁当を大公開
  6. お父さんと一緒に飲みたい日本酒
  7. 広島の新B級グルメ「汁なし担担麺」を食べてきた!
  8. ジョエル・ロブションのパン専門店があるって知ってた?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP