ライフスタイル

犬の歯みがきはどう磨く?

 

みなさん、歯磨きはしていますか?

飼い主のみなさんは、虫歯や歯周病など起こさないために、毎日の歯みがきや定期的な歯医者での検診をして、歯の健康を保っていると思います。

では、みなさんの愛犬はいかがでしょう。

 

 

~「犬の歯みがき」で多いお悩み~

・なかなか、うまく磨けない。

・嫌がる。

・やり方が分からない。

 

などの理由で、歯磨きがうまくできず、歯石がついたり、歯周病になっている犬が多いです。

歯周病になると、歯が抜け落ち、菌が血管から入って、心臓や腎臓に悪影響を及ぼします。

歯石が多くついた場合は、歯磨きでは取れないため、キレイに取り除くためは、動物病院で全身麻酔が必要となります。

数日で歯垢が歯石に変わるので、歯石の付着や歯周病を防ぐには、歯磨きをして防ぐしかないのです。

歯の健康の為には、日々の歯のケアが重要となります。

正しい歯みがきを実践して健康を守りましょう。

■歯みがきの頻度

毎日1回!(出来ない時も、2~3日に1回は磨いたほうが良いです。その場合は、歯磨き用のガムやサプリも併用もするとベストですがカロリーには注意しましょう)

■歯磨きアイテム

歯ブラシ、シートタイプ、指ぬきタイプ、その他、歯磨きガム、サプリなど。

いろいろなタイプのデンタルケア用品がでており、犬の大きさにによってもサイズ形状も違います。歯みがきペーストが、歯磨きの補助をしてくれます。愛犬にあったサイズ、種類を選び、歯磨きを行いましょう。部分用なども出ているので数本使い分けてもいいでしょう。

■歯磨きの手順

歯みがきの初心者からできる手順をご紹介します。

ステップ1.口や歯を触られるのに慣れさせる。

初めは、ちょっと口や歯を触って褒めて終わるを、一日数回繰り返します。出来たら、次の順で行っていきます。

唇をめくり歯を見る→指で触りやすい犬歯や前歯に触れる→奥歯まで指で触る。

ステップ2.歯を拭く

シートタイプか指ぬきタイプを使い、歯をさっと拭く(拭きやすい犬歯や前歯から始めます。)犬用ではなくても、ガーゼを湿らせ使用しても大丈夫です。抵抗が見られたら、歯みがきペースト(フレーバーがあるもの)を初めになめさせ、意識を紛らせ次にガーゼにペーストを付け拭きます。

ステップ3.歯ブラシに慣れさせる

歯ブラシを歯と歯茎に当てて、優しく動かします。磨きやすい犬歯、前歯から始めて奥歯まで磨けるようにします。

【ポイント】

・終わると必ず褒める

・力を入れない

・短時間で仕上げる

 

歯みがきは、根気が必要です。あきらめず、少しずつ慣れさせて習慣化しましょう。

口臭・歯茎の色が赤い・口を触ると嫌がる・歯石がついている(歯が黄色い)などの異変がないかチェックしてみてください。

場合によっては、動物病院で診てもらったほうが良い時がありますので、「あれ?」と思ったら、受診をお勧めします。

RUDY*RUDYでは、個々のペースやタイプ、お悩みに合わせて個別指導やワークショップも開催しています。

愛犬の長寿と健康を、守っていきたいですね。

 

 

 

RUDY*RUDY Mika

投稿者の記事一覧

RUDY*RUDY(ルーディールーディー)
横浜中心にトリミング出張サービスをしているMikaです。

犬のお手入れ~全身カットまでお客様にあったレッスン、子犬仲介、子犬対面販売代行、DOGイベントなども行っています。
お客様とワンちゃんがハッピーになれるお手伝いをいたします。
↓ ↓ ↓
出張トリミングサービス RUDY*RUDY

関連記事

  1. 今日からあなたも山GIRL! 登山の種類と特徴を学んでみる!!
  2. 関東エリアの登山初心者向けの山 3選
  3. 愛犬のかゆみの原因とは・・?
  4. 女性でも手軽に楽しめる「釣り堀」のタイプ4選
  5. 人前で緊張しない方法とは?
  6. ドッグランに出かけよう!
  7. 残暑を乗りきろう!
  8. 防災にもアロマを  〜前編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 自分の部屋をさらに素敵な空間に・・・
  2. 登山用の装備を準備しよう!
  3. アメリカの最新アロマ事情  〜 自然なペットケア 〜

ピックアップ記事

PAGE TOP