グルメ

松波酒造の利き酒会にいってみた 後編

 

さて、すっかり酔っぱらって、隣のオジサマと名刺を交換した私。

利き酒会なるものは、人との出会いもあるようです。

 

後半は、大吟醸とめずらしい日本酒のリキュール、動画のご紹介です。

まずは、前編にひきつづいて若女将にご登場ねがいましょう。

お願いします!

ん?

若女将の持っているものは……?

上槽(じょうそう)の動画に飛べるQRコード!

https://youtu.be/gqTXKhNus-0

 

ジャカジャカと神の水が流れる様子をご覧あれ。

 

松波酒造では、昔ながらの「槽(ふね)」を使ってお酒を搾っているそうです。

そして写っている女性は、若女将の妹さん。杜氏と一緒に酒造りをしているそうです。

う~ん、素敵!

 

 

というわけで、松波酒造の総本山「大江山 大吟醸」をいただくことに。

大吟醸ってなんとなく、飲むとき緊張しちゃいます。

あっひゃ~、おいしい。

酔っていても、前半の三種とは違う味だと分かります。

とってもまろやかな味で、香りはおさえめ。

きっと海の幸に合うんだろうなあああ……というつまみを優しく受け止め、引き立てる系

「大江山 大吟醸」は、まろやかで香る水のよう。

 

私、大吟醸って「香るタイプ」と「水のようなたたずまいタイプ」があるなあと思っていて、後者のタイプは味につかみどころがないからこそ、ついついおかわりしたくなって、飽きない罪なヤツだと思っております。

(前者のタイプは少量で「飲んだ!」感があるので、一日のシメに1杯いただきたくなる)

 

「原酒のまま冷蔵し、出荷しています。上品な辛口なので、刺身、サザエ、てんぷらなど能登の海の幸と相性がいいですよ(若女将)」。

いいですねえ。

前編にご登場ねがったおつまみ、実は完食してしまったんですけど、ほらまた見えてくるよ、能登の海……!いいなあ。

 

酔ってます。

 

 

さて、締めに参りましょう。

松波酒造では、ごぼうとトマトのリキュールもあるんです。

ごぼうは、能登野菜のひとつ

「沢野ごぼう」をつけ込んだもの。

通常のごぼうの約3倍もの太さがあり、1kg2,000円(!)の高級品。

11月の収穫時期には地元のニュースにもなるそうです。

 

どれどれ……おうっ。

香りがめっちゃゴボウ!

商品名を「ごぼう」じゃなくて「ごん坊」と書きたくなる気持ちが分かる!

ごんぼう(コブシ回して)味です!

ごぼうだけれど、濃い旨味がぎっしり、

疲れたアラフォーの身体にしみいるこの感じ。

本能で、健康と美容に絶対いい!そんな味がしますもの。

香港でも人気だそうで納得で、美容にうるさいマダムたちが愛飲しておるかもわかりません。

(ちなみに、お隣のオジサマが買っていかれました!)

トマト(左)とゴボウ(右)のリキュール

 

さて、お次はトマト……

香りはフレッシュなトマト!そのもの…そしてお味は、

サワ―・フレッシュ・フルーティ!(青春)

はちみつレモンのように甘みがあって、トマトドレッシングのように旨味がある、そんな感じ。

これまた本能で、身体にいい味がします。

「能登海洋深層水で育てた完熟トマトを丸ごとつけこんだ」そうです(パンフレットより)。

若女将によると、これをジュレ状にしてサラダにかける方もいるとか。

うん、絶対おいしい。食が進みますね。

 

 

いや~日本酒も、リキュールもおいしくいただきました、試飲会!

大大満足です。

 

酔っぱらいながら最後に若女将に質問

「あのう……日本酒って何なんすかね?」

(↑仕事になってない)

 

 

「お酒は、おいしいだけでなく、ご縁をつなぐものだと思っています」。

なんと、パーフェクトなお答え!

 

確かにこちらにいらっしゃる方々で、あちこちから「あ~いらしてたんですか」という声が聞こえていました。

能登の松波酒造でお知り合いになった方々が、銀座にもいらしていたり。

松波酒造の日本酒は、ご縁をつなぎ、私たちのコミュニティを広げてくれる案内人なのでした。

 

 

最後に……

こちら「いしかわ百万石ものがたり江戸本店」では、見てくださいよ石川県のお酒がズラーリとあるんです。(個人的に宗玄も好きです!)

 

こちらお店の詳細です、ご覧あれ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・店内には日本酒にぴったりのお酒のおつまみ等の他、和菓子、水産加工品、輪島塗・九谷焼などの伝統工芸品を約1900商品展開。

2名の利き酒師がいらっしゃるので、利き酒会でのお酒の説明や、贈答を含めた日本酒購入時のお手伝いを行っている。

・石川県アンテナショップの利き酒会は、毎月第一金曜日17時から定例で、今回同様(酒3種+つまみで500円)の内容で行っている大人気イベント(今回の来店者は113名だったとか!)。今回の松波酒造の他にも、不定期に蔵元様をお呼びしての利き酒会を開催。

7/20(金)には石川県産地ワイン「能登ワイン」の方をお呼びして、ショップ2階でトークイベントを開催(要予約・店舗03-6228-7177まで)。

・JR「有楽町駅」徒歩4分、有楽町線「銀座一丁目駅」4番出口出てスグ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

石川の日本海の酒を感じたい方はぜひ、足を運んでみてくださいね!

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. cafe「ルパンコティディアン」に学ぶ ベルギー流 朝食のすすめ…
  2. 広島の新B級グルメ「汁なし担担麺」を食べてきた!
  3. 新潟の「神楽南蛮味噌」で焼きおにぎりを作ってみた
  4. 緑茶(グリーンティー)をメインにしたレストランがあった!「GRE…
  5. 酒蔵見学に行こう 前編 
  6. ご自宅で美味しいフォカッチャを♫
  7. 表参道にチョコレートショップ&カフェ「ブボバルセロナ」がオープン…
  8. かわいい子には旅をさせよ。カップ酒もっていこ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. 犬のお耳ケアについて大切なこと
  3. 秋です。ラグはお好きですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP