ライフスタイル

愛犬に着せる洋服について押さえておきたいポイント とは?

 

 

犬の洋服は、犬種やサイズ、デザインがたくさん出ています。

そこで、よくある疑問「犬には洋服必要なの?」

犬は被毛に覆われていて基本的には、着せなくても大丈夫です。

ファッションで着せている方もいるかと思いますが、寒さに弱い犬種や生活面でも必要な時も場合もあります。

他にも、洋服が役に立つ事を以下にまとめてみました。

洋服が必要な時

・防寒・・・犬種によっては、寒さに弱い犬もいるので、洋服を着せて体温管理をするのに役に立ちます。

・UV対策・・・被毛を短くカットしたり、毛が薄い犬は直接日光が当たると皮膚にもダメージを与え、トラブルとなることもあります。こういった時に洋服を着せて対策します。最近では、生地にもUV加工がされているのもあります。

・マナー・・・ドッグカフェや旅行など行くときには、抜け毛などを気にされる方もいます。洋服を着せて毛が散乱するのを防ぎます。

・シニアケア・・・シニアになってくると、体温調節が難しかったり、長毛の子はトリミングの負担や手入れのしやすさなどで短くカットしたりするので洋服で調節し管理するのに役に立ちます。

・病気・・・病気や手術で、包帯や身に着ける器具など出てくるかもしれません。そうなったときに、体に何かを付けたり洋服の感覚を普段から知っていれば、嫌がらずストレスを軽減できます。また、病気によっては必要になる時があります。

・災害・・・災害が起こった時に、犬の体を傷つけないようにするために使用します。今は、災害用の洋服も出ていますので愛犬の身を守るため、常備されてもいいかもしれません。

洋服の選び方

様々なデザイン・サイズ・素材がありますので、まずは愛犬にぴったりのサイズを選ぶ必要があります。

選ぶ前の採寸と選び方を参考にされてくださいね。

①採寸をする

首周り・胴回り(前足の後ろ一番太い部分)・背の長さ(首の後ろ付け根から尾の付け根までの背の長さ)

この3つをしっかり図り、洋服の着用サイズを選びます。

大きすぎると、脱げてしまうし(たまに、遠山の金さんみたいに肩が脱げたり)、小さすぎると犬が動かなくなってしまうのでサイズは重要です!

②デザインを選ぶ

ノースリーブやワンピース風、Tシャツ、袖ズボンがあるタイプなど様々。

初めての場合は、ノースリーブタイプから選んだほうがよいでしょう。手足の動きに違和感がないのがこのタイプです。

動きにくいと、犬が服を嫌がり洋服を見たら逃げることも・・・。慣れてくれば、手足のあるタイプにチャレンジしてみてください。

まずは、着せてみて動きを見ましょう。

しっかり、手足が伸ばせるかがポイントです!

③素材を選ぶ

素材の種類もたくさんあります。

ストレッチの効いたものやUV用、防寒用、アレルギー対策用、ライフジャケット用、医療用などあるのでその時の目的にあった素材を選びましょう。

着せ方

頭から、すっぽりかぶせ手を入れる着せ方が多いと思います。

この時に、慣れていない子や子犬のうちは、顔に正面からいきなり布がかぶせられるのでビックリしたり怖がる子もいます。

ゆっくり、声をかけながら徐々にかぶせて着用させましょう。着せた後は、褒めたり、ご褒美やお散歩など愛犬が喜ぶ事をしてあげると好きになってもらえます。

 

最後に、まとめと注意点!

・サイズや犬に会うタイプに合ったものを選ぶ

・洋服は無理やり着せない(徐々に慣れさせる)

・目的にあった素材を選ぶ

以上のポイントを押さえて、上手に洋服を使い分けて愛犬とのコミュニケーションを取りながら楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

RUDY*RUDY Mika

投稿者の記事一覧

RUDY*RUDY(ルーディールーディー)
横浜中心にトリミング出張サービスをしているMikaです。

犬のお手入れ~全身カットまでお客様にあったレッスン、子犬仲介、子犬対面販売代行、DOGイベントなども行っています。
お客様とワンちゃんがハッピーになれるお手伝いをいたします。
↓ ↓ ↓
出張トリミングサービス RUDY*RUDY

関連記事

  1. 安心・安全! アロマで虫除けにチャレンジ
  2. ドッグランに出かけよう!
  3. 2.初心者向けの山から登ってみよう!
  4. 関東エリアの登山初心者向けの山 3選
  5. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。
  6. 犬のお耳ケアについて大切なこと
  7. 人前で緊張しない方法とは?
  8. 犬の歯みがきはどう磨く?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP