グルメ

「風の森」との出会いは突然に。日本酒ラブストーリー

なにかを好きになると、新しい情報が集まってきて、さらに好きになる、といったことが起こります。

そして、最初は「ありえない」と思われたこともできるようになっていく。

だからさらにハマっていく……そんな経験はありませんか?

 

私にとっての日本酒がソレでして、最初は「うまい」から入門し、

気が付けば色々なお酒に出会ってまいりました。

 

どの日本酒もそれぞれ個性があり、このお酒にはこんなおつまみが合うとか、

あの人にあげたら喜んでくれそうだなとか、楽しい想像がかけめぐるのです。

 

というわけで、今回は

飲みたいと思っていたら偶然出会ってしまった1本をご紹介します。

有名どころの「風の森」。

の、酒米が愛山バージョン。

 

 

奈良県の、とっても人気のある銘柄で、

生産管理の問題と人気がありすぎてシェアできないと一升瓶を廃止、

すべて四合瓶での取り扱いとなったそうです。

 

風の森という名前は、風の森神社から由来しているそうで、

あたり一帯は、日本で最初の稲作地ともいわれているそうです。

ほへ~行ってみたい。

奈良県の酒米は、「秋津穂」という品種で、地元の契約農家で栽培されているものを使っているそう………なんですけどね、それ今ほど知りました……嗚呼。

 

以前、ほんの数分立ち寄った某県のお酒屋さんに「風の森」が何種類か売っていたんですが、が、秋津穂があったかは記憶にございません。

 

 

山田錦と雄町はあったような……でもそれじゃあつまらないかな(なにが?)と、奈良県近くの京都府の酒米愛山を選んでしまったというわけです(以前ご紹介した愛山のお酒、めっちゃおいしかったので)。

 

もし、この時家族連れの電車旅でなければ全種類買っていたでしょう……。

何事にもタイミングというものがあります。

 

さて、そんなわけでこの風の森のどこが人気なのか、飲んでみることに。

って、開封するとポンッ!!

とスパークリングな音がしました!

これは原酒!?

 

なになに……お酒についていた小さなパンフレットを読みますと、

 

 

無濾過、火入れなし。

ゆえに開栓時にシュワシュワ感。

時間がたつと、シュワシュワが抜けて、落ち着いた味になるといいます。

 

 

というわけで、実飲。

 

パンチのあとに甘み、米の旨みをずっしり感じたあと、クールにキレていきます。

「精米歩合80%」といえば、私たちが普段食べている白米。

あれと同じくらいの精米率です。

つまり、ゴリゴリに削ってつくるお酒より、ごはんを食べているような旨味を多く感じられるのかもしれません。

だから「お米うまい!&ぬか臭くない!」と脳が喜ぶ。

すごいのは、ベタッというぬか臭さがなく、去り際がクールなところ。

「超硬水」とあることと関係がありそうです。

 

 

 

以前、伏見の軟水のお水で醸した愛山の「桃の滴」は、まろやかに身体に沁みていく感覚でした。

(といっても酵母も環境も作り手も違いますが!)

 

それと比べると、「風の森」は、後半サッと去る。

まさに、風の森と共に去りぬ。

味が上下するというか、ジェットコースターなので、舌と脳が「!?」となり、

詳細を確かめたくてもう1杯飲んじゃう、また飲んじゃう、あかん!とまらん!といった感じです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまみはサッパリ系がいいかも

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、おつまみです。

ちょうどタイミング良く、魚介の名産地にすむお義母さんから、ホタテといなだ(ぶりの若いの)刺身が送られてきまして、

でへへ、サイコー、こりゃあ飲むしかないべと、きゅうり、トマトを添えて一献。

 

おやおやおやおや、ちょっと待て。

ホタテの旨み、甘みはけっこう強いと思ってましたが風の森の米のうまみが勝ってしまうような……?

え、主演を譲り合わないかんじ?

 

これはむしろの、きゅうり。

きゅうりの1歩、2歩下がる感じ&清涼感の方が合う。笑

わき役と主役の棲み分け。お互い良い関係に落ち着きました。

(買って切るだけでいい手軽なツマミ~♪)

 

 

さて、気付けば夏真っただ中ですね。

みなさまにも、楽しく新しい出会いがありますように!

カンパイ!

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 季節の変わり目に、甘酒6本勝負(後半)
  2. おちょこで味が変わるって本当ですか?山本で試してみる。その1
  3. 女子会のシメに飲みたい日本酒
  4. スパークリングな日本酒で、女子会を始めよう。
  5. 発酵食品食べていますか~ 味噌汁飲んでますか~(前編)
  6. 発酵食品食べていますか~ 味噌汁飲んでますか~(後編)
  7. cafe「ルパンコティディアン」に学ぶ ベルギー流 朝食のすすめ…
  8. 日本酒の味は「温度」で変わる!「酔鯨」9温度・飲み比べ(前編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. 犬のお耳ケアについて大切なこと
  3. 秋です。ラグはお好きですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP