ライフスタイル

ペットの災害時による事例と対処

 

2018年7月 日本各地を襲った豪雨は大変な被害をもたらしました。

そのひと月前には大阪で大きな地震もあり、ありました。

もし被災した場合は、飼い主はどう対処したらよいのでしょうか。

大規模な災害が起きた場合、人であれば自分の命は自分の守るというのが大原則になってきますが、ペットの飼い主にとっても同様の対応が必要になります。国や自治体の支援は人の救護が最優先とされるため、災害発生時は、飼い主がペットを救護する必要があります。

そのような状況下ではペットの水やフードが入手できないなど、非常に困難な状況に直面することが予想されます。

どのような状況であっても、飼い主はペットの安全を守り、避難所生活においては他人に迷惑をかけることなく、災害を乗り越えなくてはなりません。

したがって普段から災害に対してしっかりと備えておく必要があります。

 

ペットを置いて避難するか、一緒に避難するか・・という問題

環境省のガイドラインでは、災害時に飼い主責任による同行避難を前提としています。

これは、過去の災害において、ペットが飼い主と離れ離れになってしまう事例が多発したことに起因するようです。ガイドラインでは

 

・飼い主と離れ離れになったペットたちを再び保護するのは多大な労力と時間を要する

・ペットが負傷したり衰弱・死亡するおそれがある

・不妊去勢処置がなされていない場合、繁殖により増加する可能性がある

 

という問題を指摘しています。

飼い主がいなくなった犬は「野犬」となり群れを作ることがあります。そうなると住民の安全や公衆衛生上の環境が悪化することも懸念されます。

このような事態を防ぐために、災害時の同行避難を推進しているのです。

 

避難所で受け入れてもらえるかどうか・・という問題

東日本大震災では、被災した自治体や他自治体からの被災者を受け入れた自治体が、避難所や仮設住宅でのペットの受入れに関する方針が無い、または受入れを認めない自治体もあり、避難所に入れず車両の中で被災者とペットが生活する原因の一つとなりました。

飼い主とペットが共に避難できた場合でも、避難所では動物が苦手な人や、アレルギーの方を含む多くの避難者が共同生活を送るため、一緒に避難したペットの取扱いにも苦労する例も見られたようです。

 

ガイドラインによれば、「同伴避難」は、被災者が避難所でペットを飼養管理すること(状態)を指す。ただし、同伴避難についても、指定避難所などで飼い主がペットを同室で飼養管理することを意味するものではなく、ペットの飼養環境は避難所等によって異なることに留意が必要である。とあります。

 

避難先では、ペットの世話やペットフードの確保、飼養場所の管理は原則として飼い主の責任となるので、ペットを原因としたトラブルが生じないよう、ペットを飼養していない方人、動物が苦手な人、動物アレルギーを持っている人などへの配慮とペットの鳴き声や毛の飛散、臭いなどの管理も必要です。ペットの健康と安全を確保するために飼い主は、平常時以上に適正な飼養管理をするための努力が必要になります。

 

避難所で受け入れもらえない場合は・・・

今回の豪雨で、最も甚大な被害を受けた岡山県倉敷市(真備町)では、今もなお捜索と救助活動が続いています。そんな中、岡山県獣医師会は、避難所に避難したペットについて、倉敷市内の動物病院で一時的に無料で預かる取り組みが始まっています。(11日現在、12カ所の動物病院で受け入れている)また、同様の取り組みは、倉敷市内の一部ペットショップでも行われています。

平成23年に発生した東日本大震災の際は、被災したペットが避難所などで受け入れてもらえない事例が多発して、社会問題となりました。その経験をもとに、国や自治体でも被災したペットとその飼い主を支援するシステムの構築が進んでいます。熊本地震の時には国が被災地に職員を派遣し、熊本地震ペット救護本部の立ち上げを支援したり、九州・山口の9件が結んだ協定により、九州自治体内での一時預かり・譲渡を行ったりしています。

 

参考

環境省_ペットの災害対策 [動物の愛護と適切な管理]

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/disaster.html

環境省_人とペットの災害対策ガイドライン

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3002.html

 

ペットのケア

人も災害で怖い思い、不安な思い、、、大変な状況の中、ペットも、同じ思いを持っています。

ブルブルと震える子、異常行動を示す子、ケガをした子などペットに影響が現れます。

そういったペットに、少しでも不安な気持ちを和らげてあげる簡単なケア。

 

①深呼吸

まずは、飼い主が落ち着き穏やかな気持ちになるのが一番効果があります。不安・落ち着かない気持ちは犬にはすぐ分かります。それは、犬にも伝染するするのです。ゆっくり、深呼吸をして気持ちを整えていきます。

②背中のマッサージ

犬が落ち着く位置(膝上・横・前など)、できるだけ飼い主と犬が近い距離で、後頭部から尾の方向へゆっくり優しくなでる。これを繰り返す。

息が上がっている子も段々と落ち着いてきます。ここでも大事なのがなでている人の穏やかな気持ち。

③肩のマッサージ

肩を上から下の方向へなでる。 両肩をなでる。

④顔マッサージ

眉間~眉頭・目じりの方向へ優しく親指または人差し指でなでる。両目同時に行う。目頭に力が入っていたのが落ち着きと共に和らいできます。

 

なかなか、飼い主様も落ち着かない日々を送られていると思います。愛犬を落ち着かせる事は飼い主の気持ちも和らげてくれると思います。

災害時、飼い主と愛犬の絆が大切である事が再確認されます。普段より、愛犬を落ち着かせる方法を身に着けておくと何かあった時でもすぐに対応できます。そういった事が、日常生活の中でも愛犬の気持ちも、健康も守る事ができることにつながるのです。

 

 

RUDY*RUDY Mika

投稿者の記事一覧

RUDY*RUDY(ルーディールーディー)
横浜中心にトリミング出張サービスをしているMikaです。

犬のお手入れ~全身カットまでお客様にあったレッスン、子犬仲介、子犬対面販売代行、DOGイベントなども行っています。
お客様とワンちゃんがハッピーになれるお手伝いをいたします。
↓ ↓ ↓
出張トリミングサービス RUDY*RUDY

関連記事

  1. 自分の部屋をさらに素敵な空間に・・・
  2. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  3. 愛犬のかゆみの原因とは・・?
  4. 楽器の音をだすような~カラダの感覚~
  5. 夏に楽しめるJAZZとリズム♪
  6. 登山に行く前にチェックしておきたサイト7選
  7. 2.初心者向けの山から登ってみよう!
  8. 釣りを始める前にイメージしてみよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Must-Dos Intended for Improving Your Dissertation Writing Knowledge
  2. Persuasive Composition Writing Strategies: The Good, The Bad and The Unappealing
  3. Just How To Cope With Narcissistic People

ピックアップ記事

PAGE TOP