グルメ

カップ酒で回想旅

 

 

手軽に買えて、その場で飲めるカップ酒。

前回は旅のお供にすることをお勧めしましたが、カップ酒はそれだけじゃない。

 

記憶の思い出し装置

の役割をしてくれるのです。

 

例えば

この「草津節」をパカッと開けると……

 

そこは、草津。

いわずもがな日本三名泉のひとつ、草津温泉でございます。

 

ポータルサイト
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/onsen/index.php によると

自然湧出量は日本一。

草津全体で「毎分32,300リットルものお湯」が沸き出ているそうです。

え、毎分……!?

1日にドラム缶約23万本分

想像の斜め上を行く量です。

 

そしてかの有名な湯畑(ゆばたけ)。

この流れゆくお湯はもちろん

演出ではありません。

毎分4000リットルの温泉が湧き出ていていつも湯けむりを舞い上げています。

本当に湧きいずるものだったのですね……地球の神秘を感じます。

 

神秘といえばこの白~翡翠色、なんともきれいです……で気づいたら入ってました。

この湯畑の近くには「手湯」と「足湯」があります。

 

気持ちいい~なんていって、3分程度で足を足を抜いたら、真っ赤っか。

そんなに熱いお湯ではないのに、温まっていたのでしょうね。

 

湯畑から抜け出し、路地を歩いていると、

ある建物を発見。

なんでしょう、お風呂かな。

 

のぞきに注意

定員3名

町民専用

と、キラーワードが並んでいますが、常連さんがいそうなお風呂です。

町民限定……入ってみたいですね。

次に現れた階段は白根山神社へつづく道。

のぼろうか、やめておこうか、迷いつつ……えっちらおっちら気の向くままにたどっていったら、

 

木々生い茂る道に出ました。

ここはどこ?

 

なぜか土俵もあったりして、

草津温泉、想像の斜め上です。

 

そろそろ本気で宿にもどろうとしないと、迷子になる。

そう思ってとっくにGoogle Mapを開いているのですが、

迷いました……。

 

草津、奥深かい。

 

と、いうことを思い出させてくれる「草津節」。

(回想旅にお付き合いいただきましてありがとうございます)

 

お味はさっぱりスッキリ、安定の「日本酒感」。

 

写真だと分かりにくいですが、やや黄みがかった色をしていました。

つまみの味をしっかり支えてくれそう……
ということで

合わせたのはコレ!

はい、カツオのタタキです。

 

もはや説明不要と思われますので、

脳内でマリアージュをお楽しみください。

 

今が旬のカツオは、しっかり味系、スッキリ味系にぴったり。

(フルーティ系にはあまり合わないかもしれません)

これぞと思った日本酒と試してみてくださいね。

そして旅行地でカップ酒をみかけたら、ぜひ連れて帰ってみてください。

コスパもよく、草津節は1本200円くらい。

それでメモリー装置になるなら安いもの!カップ酒バンザイ!

 

というわけけで、平成最後の夏もいいお酒を楽しんでくださいね。

今夜もカンパイ!

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 緑茶(グリーンティー)をメインにしたレストランがあった!「GRE…
  2. 毎日、味が変わる日本酒!?~風の森 秋津穂 純米~
  3. メジャーな日本酒の表現を知ろう×作
  4. 醤油専門店「酢重正之」のダイニングに行ってみた!
  5. 彼と飲みたい日本酒。
  6. 職人の街「蔵前」にあるチョコレートショップがお洒落!「DANDE…
  7. 広島の新B級グルメ「汁なし担担麺」を食べてきた!
  8. 熊本の郷土料理「いきなり団子」が美味しい~!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP