グルメ

可愛すぎるお菓子たち。ちょっとした工作でオリジナル雑貨に!

 

海外旅行先でカフェなどに入ると、ソーサーの上に、今まで見たことのないような洒落たパッケージのチョコレートやビスケット、それからハッとするくらい可愛らしい絵柄の角砂糖が乗せられてきたりします。

もし、食べなかったり使わなかった場合「なんだかカワイイからそのまま持って帰りたいんだけど、こういうのって、結局使わないんだよねぇ」なんて、ちょっとだけ後ろ髪引かれる、なんてコトがほとんどだったりしますよね?

私はいままでそうやって、いろんな種類のお菓子をカフェに置き去りにしてきました…。

しかし!
これを読んでいる皆様、今日からそんな小さい「こころのこり」ともオサラバです。

このページでご紹介するのは、自宅で簡単にできる工作で、可愛いお菓子たちをずっと使える雑貨にしてしまおう!といういお話。
旅先で出会った可愛らしいチョコレートも、ずっと残るキュートな雑貨に。

オリジナルマグネットを作っちゃおう

今回ご紹介するのはオリジナル雑貨というのは、ずばり「マグネット」です!

↑出来上がりイメージはこんな感じ。
ちょっとしたレシピや、忘れないためのメモなどを冷蔵庫などに、お洒落に張り付けることができます。

オリジナルマグネットづくり 用意するもの

用意するものは、マグネットにしたいお菓子
そして100円均一ショップなどでもうているマグネットシート。(あと、例えば保険会社や、水回りの修理サービスなど、販促品でもらったりもしますよね。あれでもオウケイ!)
そのほか、はさみボンドを用意しましょう~。

オリジナルマグネットの作り方

はさみでちょきちょき、お菓子などのサイズに合わせてマグネットシートを切り取り、ボンドを使って貼り合わせます。

ここで1つ気を付けなければいけないのは、マグネットの裏表。
磁石面(黒い方)を外側にすることを忘れないでくださいね。

…と、あとは乾かして、出来上がりです。

私も実際に、パリやブリュッセルのカフェでいただいたサービスのチョコレートや、日本では見たことのないデザインの角砂糖をオリジナルマグネットにしちゃいました。

今も、我が家の冷蔵庫で活躍中。

お取り寄せしたグルメ品の説明書とか、ドレッシングについてきたミニレシピなど、いろんなペーパーを止めておくのに使っています。

お客様が来ても、こんなお洒落なマグネットなら、見られても大丈夫ですよね?
少なくとも、「困ったらお電話ください!」なんて電話番号が書いてある販促マグネットよりは全然、全然素敵なはず!

みなさまも、生活がちょっとだけ楽しくなる小技、ぜひお試しください。

Ai

投稿者の記事一覧

四国出身 同志社大学商学部卒

WEB広告に関する仕事を経て、女性向けのコンテンツ制作の世界へ。
皆様の生活を“ちょっとだけ素敵なものに”する、そんな情報をたくさんお届け!

35-45WOMAN

関連記事

  1. 酒蔵見学に行こう 後編
  2. なんと「しらす」をモチーフにしたゆるキャラがあるって?!「しらす…
  3. ジャンデューヤクリームの楽しい使い方を教えちゃいます
  4. カーテン?それともシェードにする?
  5. お父さんと一緒に飲みたい日本酒
  6. 旧友と「ひやおろし」を楽しむ  
  7. 瓶のサイズでわかる、酒好き度。
  8. ジョエル・ロブションのパン専門店があるって知ってた?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP