グルメ

季節の変わり目に、甘酒6本勝負。(前編)

 

みなさまに心の底から問いたいことがあります。

お元気ですか?と。

平成最後の夏は、暑いは、寒いは、台風どんどん来るはで、体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。

 

何を隠そう、わたしも風邪が長引いております。

ゴホッ。

 

そんな時は百薬の長、日本酒を飲んで……と言いたいところですが、

不調のときはアルコール成分が辛いもの。

日本酒よりもこっち、甘酒を注入してはいかがでしょうか。

 

そこで私が大手酒造メーカーの甘酒6本を飲み比べ、味をレポートいたします!

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

■なぜ甘酒は身体にいいのか。

さて実飲の前に、ちょっと寄り道。

一時期大ブームを起こした甘酒ですが、なぜ身体にいいと言われているのでしょうか。

それは発酵食品だから。

発酵食品とひとくちにいっても色々ありますが、甘酒が秀でているのは、栄養成分にありそうです。

ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類が入っていて、

身体がバテバテになっている時にすぐ効きそう!

「飲む点滴」と称されるのも、本物の点滴にはいっている栄養成分と同じだからとか。

昔から栄養食品として夏場に飲まれていたようですね。

 

 

 

■前半の3本勝負。

さて、ではいよいよ飲み比べてみましょう!

前半に用意したのは左から黄桜、月桂冠、マルコメの3本です。

購買の目安:スーパー2店に行って、「目立つところに置いてあった6本」という基準。

味わう酒器:以下のグラス。

評価基準:私が飲んで感じた様子。それぞれ★の数でその項目の強さを表します。

 

 

1.黄桜

スッキリ ★★☆☆☆

甘味   ★★★☆☆

昔ながらの甘酒の味。これが麹なのか、お米っぽさをしっかり感じる。じっくり味わいたい甘酒。

アルコール1%未満。

 

 

 

2.月桂冠

スッキリ  ★★☆☆☆

甘味    ★★★★☆

しっかり甘酒感のある1本。ドロっとしていてグラスにカスが付く感じ。これが食物繊維なのかもしれません。

飲みごたえがあり、お腹がすいているときにも良さそうです。アルコール1%未満。

 

 

 

 

3.マルコメ

スッキリ ★★★★☆

甘味   ★★☆☆☆

酒かす感はなくサラサラしていてスッキリ飲める。身体に沁みいる感じ。お米と麹のシンプルな調味で、やさしさを感じます。

アルコールが0%なので、お子様にも。甘酒が苦手な人もおいしく飲めそう。

 

 

というわけで、日本酒のように甘酒も個性がさまざま!

個人的には甘酒と聞くと、初もうでに行く神社にて無料で配られていたことを思い出します。

寒いなか、あつあつの甘酒が身体にしみておいしかった……。

そう考えると「黄桜」が昔ながらの味で、ホッとしました。

 

でも誰にとっても飲みやすいという観点からは、

マルコメに分があるような。

 

さて、最終評価は6本飲み終わってからにしましょう。

後半は変わり種の甘酒も登場します!

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。
  2. お花屋さんが展開するカフェ「Aoyama Flower Mark…
  3. 夏に飲んでおきたい日本酒1
  4. お父さんと一緒に飲みたい日本酒
  5. 干し柿に合うのは何チーズ?
  6. 月火水木金 1週間分のお弁当メニュー vol.2
  7. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。
  8. いちご酒で、おつかれムードを癒しましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Must-Dos Intended for Improving Your Dissertation Writing Knowledge
  2. Persuasive Composition Writing Strategies: The Good, The Bad and The Unappealing
  3. Just How To Cope With Narcissistic People

ピックアップ記事

PAGE TOP