グルメ

季節の変わり目に、甘酒6本勝負。(前編)

 

みなさまに心の底から問いたいことがあります。

お元気ですか?と。

平成最後の夏は、暑いは、寒いは、台風どんどん来るはで、体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。

 

何を隠そう、わたしも風邪が長引いております。

ゴホッ。

 

そんな時は百薬の長、日本酒を飲んで……と言いたいところですが、

不調のときはアルコール成分が辛いもの。

日本酒よりもこっち、甘酒を注入してはいかがでしょうか。

 

そこで私が大手酒造メーカーの甘酒6本を飲み比べ、味をレポートいたします!

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

■なぜ甘酒は身体にいいのか。

さて実飲の前に、ちょっと寄り道。

一時期大ブームを起こした甘酒ですが、なぜ身体にいいと言われているのでしょうか。

それは発酵食品だから。

発酵食品とひとくちにいっても色々ありますが、甘酒が秀でているのは、栄養成分にありそうです。

ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類が入っていて、

身体がバテバテになっている時にすぐ効きそう!

「飲む点滴」と称されるのも、本物の点滴にはいっている栄養成分と同じだからとか。

昔から栄養食品として夏場に飲まれていたようですね。

 

 

 

■前半の3本勝負。

さて、ではいよいよ飲み比べてみましょう!

前半に用意したのは左から黄桜、月桂冠、マルコメの3本です。

購買の目安:スーパー2店に行って、「目立つところに置いてあった6本」という基準。

味わう酒器:以下のグラス。

評価基準:私が飲んで感じた様子。それぞれ★の数でその項目の強さを表します。

 

 

1.黄桜

スッキリ ★★☆☆☆

甘味   ★★★☆☆

昔ながらの甘酒の味。これが麹なのか、お米っぽさをしっかり感じる。じっくり味わいたい甘酒。

アルコール1%未満。

 

 

 

2.月桂冠

スッキリ  ★★☆☆☆

甘味    ★★★★☆

しっかり甘酒感のある1本。ドロっとしていてグラスにカスが付く感じ。これが食物繊維なのかもしれません。

飲みごたえがあり、お腹がすいているときにも良さそうです。アルコール1%未満。

 

 

 

 

3.マルコメ

スッキリ ★★★★☆

甘味   ★★☆☆☆

酒かす感はなくサラサラしていてスッキリ飲める。身体に沁みいる感じ。お米と麹のシンプルな調味で、やさしさを感じます。

アルコールが0%なので、お子様にも。甘酒が苦手な人もおいしく飲めそう。

 

 

というわけで、日本酒のように甘酒も個性がさまざま!

個人的には甘酒と聞くと、初もうでに行く神社にて無料で配られていたことを思い出します。

寒いなか、あつあつの甘酒が身体にしみておいしかった……。

そう考えると「黄桜」が昔ながらの味で、ホッとしました。

 

でも誰にとっても飲みやすいという観点からは、

マルコメに分があるような。

 

さて、最終評価は6本飲み終わってからにしましょう。

後半は変わり種の甘酒も登場します!

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 職人の街「蔵前」にあるチョコレートショップがお洒落!「DANDE…
  2. 3年連続一つ星「Jean-Georges Tokyo(ジャンジョ…
  3. ティータイムに「お出汁」を飲む?!「日本橋だし場」に行ってみた
  4. ご自宅で美味しいフォカッチャを♫
  5. 新潟の「神楽南蛮味噌」で焼きおにぎりを作ってみた
  6. 発酵食品食べていますか~ 味噌汁飲んでますか~(前編)
  7. 同じ銘柄の「バージョン違い」に感動してみる
  8. いい仕事、してますか? めきめき美味しくなっている「松の寿」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP