グルメ

季節の変わり目に、甘酒6本勝負(後半)

 

暑さもひと段落、と思ったら台風がザワついている今日このごろ。

お元気ですか?

とまた聞きたくなってしまいます。

どうか、気圧の乱れに体調を崩しませんように!

 

さて 前半でご紹介した3本にひきつづき、

後半は大関、MORINAGAの2種を飲み比べてみました。

見逃した方はこちら

季節の変わり目に、甘酒6本勝負。(前編)

さっそくいってみましょう!

 

1.大関

 

スッキリ感 ★★★☆☆

甘さ    ★★★☆☆

パッケージから、しっかりとした糠の味を想像していたものの、清涼感のある甘さ、フルーティさを感じる。

見た目はドロっとしているが、糠や米を感じないので、独特の風味が苦手な人も飲みやすそう。

アルコール0.8%。

 

 

2.MORINAGA

スッキリ感 ★★☆☆☆

甘さ    ★★★☆☆

サラサラしているテクスチャーで香りはフルーティ。甘酒らしさを感じ、しっかりとした甘みがある。

お米のつぶつぶが入っていて、飲みごたえがあり。

アルコール1%未満。

 

 

 

3.MORINAGA 微炭酸

スッキリ感 ★★★☆☆

甘さ    ★★★☆☆

ラムネのような香りで、甘酒と言われないと分からなそう(乳酸菌系飲料の味)。

微炭酸が心地よく、スッキリしているが、よくよく味わうとけっこう甘い。冷やしてゴクゴク飲みたい一本。

アルコール1%未満。

 

 

さて、あなたが飲みたい甘酒はあったでしょうか?

私の独断と偏見と好みとで、前半後半のなかから選ぶとしたら………

マルコメ(左)とMORINAGA微炭酸(右)です。

本来の甘酒味にグッとくる黄桜も捨てがたいのですが……。

 

まずマルコメはサラサラしていて甘くなく、飲みやすい。

これは完全に私の好みなのですが、原料にいろいろ入っていないものが好きかなと。

 

MORINAGA微炭酸は新しさが勝ちました。

シュワッとおいしく飲める甘酒、偉大なり。

 

甘酒を飲み比べまくっていたら、なんとなく元気になってきたような……

いや、1%未満とはいえ、アルコールが微量に入っているので、白昼どうどう酔ってきたのかもしれません……ふふふ。

 

みなさんも、平日昼から微量のアルコールを飲みたければ……

いやもとい、おいしく甘酒をあじわって季節の変わり目を元気に乗り切ってくださいね!

 

 

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. cafe「ルパンコティディアン」に学ぶ ベルギー流 朝食のすすめ…
  2. 罪悪感ないカレーを食べよう♪女子ランチなら「ukafe(ウカフェ…
  3. そうだ、京都、飲もう。前編
  4. 交流をあたためるために、酒を温めよう。ぬる燗エンドレス「満寿泉」…
  5. お花の砂糖漬けとチョコレート♪フランスに行ったら買いたいスイーツ…
  6. 瓶のサイズでわかる、酒好き度。
  7. 同じ銘柄の「バージョン違い」に感動してみる
  8. 獺祭ってなあに?~人気の日本酒を紐解く~ 後編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP