ライフスタイル

関東エリアの登山初心者向けの山 3選

 

今回は、登山初心者の方でもらくらく登山ができるように「ケーブルカー」や「ロープウェイ」が利用できる山を中心にご紹介します。
ケーブルカーやロープウェイなどの移動手段を利用すると、普通に登るよりも時間を短縮できるので、その分体力を温存しながら登ることができます。

逆にそれらの移動手段を使わずに登り始めることで、より難しいコースに設定することも可能です。(と言っても、今回ご紹介する山は、もともとの標高が低めの山ばかりなのでご安心ください。)

自身の体力や経験に合わせた登山コースを選択できるので、初めて登る山としても最適ですし、その後も何度登っても楽しめる山になります。

 

■高尾山

日本を訪れる外国人観光客向けに発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」が三つ星の観光地として取り上げ、年間の登山者数がおよそ270万人と、世界一登山客が多い山としてギネスブックに認定されています。

 

そんな高尾山の最大の特徴は、なんといっても都心からわずか1時間前後というロケーションでしょう。少し時間がかかりますが、新宿駅から登山口となる「高尾山口駅」まで乗り換え無しで行くことができます。

 

駅からさらに5~10分ほど歩くとケーブルカー乗り場(清滝駅⇔高尾山駅)とリフト乗り場(山麓駅⇔山上駅)が見えてきます。
運賃はケーブルカー・リフトとも同額で片道480円、往復930円。小学生以下は片道240円、往復460円。25人以上の団体割引あり。
世界的な観光地とあって、駅周辺には色々な施設やお店が立ち並んでいます。

 

ケーブルカーは片道6分ほどで運行しています。
最大で135人を一度に運ぶことができ、最急勾配は31度18分、ケーブルカーの線路では日本一の急勾配となっています。

ケーブルカーは2台が15分おきに上がったり下がったりなので、待ち時間もそれほど長くありません。※ただし紅葉の時期などは混雑します。

 

リフトは2人乗りで、1片道12分ほどで運行しています。解放感があり、高尾山の自然を間近で感じることができます。

 

ケーブルカーやリフトを降りると登山スタートです。高尾山頂上(標高599m)へは6つの散策コースありますが、その中でも1号路( 表参道コース )は道も整備されおり、トイレも 5ヶ所もあります。天狗伝説や天狗信仰のある天狗信仰のお寺高尾山薬王院などパワースポットがあるのも特徴のコースです。

 

ちなみにケーブルカーやリフトを利用しないコース「6号路( びわ滝コース )」や「稲荷山コース( 見晴らし尾根コース )」だと自然豊かなコースを楽しむことができます。

 

高尾山データ
都道府県: 東京都
標高: 599m

アクセス:
車の場合:中央自動車道八王子JCT経由、圏央道高尾山ICを降りて新宿方面へ約5分

電車の場合:

京王線 新宿から高尾山口まで約50分 (直通・特急)

JR中央線 新宿から高尾駅まで44分(特別快速)、58分(快速) 高尾駅で京王線に乗り換えて高尾山口まで3分

■筑波山

茨城県つくば市にある山で標高は877m。
日本百名山の中で一番低い山としても知られています。
低山ではありますが、万葉集で詠われるなど古くから愛されている筑波山は「西の富士、東の筑波」と称され、関東平野を一望できるくらい展望のよい山です。筑波山には男体山(標高871m)、女体山(877m)という二つの山頂があり、2つの峰からなる双耳山としても知られています。

男体山山頂まではケーブルカーが、女体山山頂まではロープウェイが運行しています。
最初は徒歩で山頂を目指し、帰りはロープウェイやケーブルカーを利用するのもいいかもしれません。

ケーブルカー

筑波山神社隣の宮脇駅から筑波山頂駅を結びます。所要時間8分程。
全長1,634m、高低差495m、山頂駅の御幸ヶ原まで運行しています。四季折々の自然を眺めながら山頂を目指せます。

 

筑波山ロープウェイ

つつじヶ丘から女体山頂まで運んでくれます。所要時間は 6分程。
とても広い駐車場があり、その近くにあるつつじヶ丘駅と女体山駅を結びます。
全長1,296m、高低差298mのロープウェイでスイス製とのこと。女体山駅で下車すると、そこから約5分で女体山山頂に行くことができます。

 

筑波山の名物といえば「ガマの油」。もともとは江戸時代に傷薬として用いられていた軟膏で、のちに、筑波山名物として土産物として販売されるようになった商品です。そのためか、筑波山にいくとやたらと「ガマ」という文字を目にします。
「つつじヶ丘駅」の駐車場には筑波山のディープスポットとして知られている「筑波山ガマランド」があり、巨大なガマガエル(ガマ大明神)がお出迎えしてくれます。

 

もちろん、ケーブルカーを使わないルートもあります。筑波山は初心者向けの山で、子供からお年寄りまで幅広く楽しめます。
したがって登山道も比較的整備されている山と言えますが、「御幸ヶ原コース」だと、結構急登(傾斜がきつい)があり体力が必要なコースです。
2キロほどのコースですが登りは90分、下りは70分ぐらいが目安になります。

 

二つの山頂の間に大広場があり、展望台やお土産屋さんが立ち並らぶ「御幸ヶ原」があります。
トイレも完備されているので休憩するにはちょうど良いと思います。
山頂は関東平野を一望できるほか条件が良ければ富士山も望めるまさに絶景です。

筑波山データ
別名: 男体山・女体山
都道府県: 茨城県
標高: 877m

アクセス:
電車
行き:つくばエクスプレス「つくば駅」よりバス停「つつじヶ丘」まで50分
帰り:バス停「筑波山神社入口」からつくばエクスプレス「つくば駅」まで40分

 

■鋸山

千葉県の房総半島にある低山の一つ、鋸山(のこぎりやま:標高330m)。
都心から比較的近いこともあり、初心者向けの山として非常に人気があります。
ロープウェイもあるので、体力に自信のない人も気軽に絶景を堪能できます。

 

房総半島の西岸に切り立つ鋸山は、古くから良質な「房州石」の産地として知られ、かつては建築資材として盛んに採石が行われていました。
そのため岩が露出した鋸のような山となり、その見た目から鋸山と呼ばれています。
実際に登ってみると、採石跡の雰囲気が ジブリの「天空の城ラピュタ」の世界観にそっくりなことから、「鋸山のラピュタの壁」とか「千葉のラピュタ」として話題の場所でもあります。

 

ロープウェイは山麓駅から15分間隔で運転しています。山麓駅から山頂駅までの所要時間はおよそ4分です。
料金は大人片道500円ですが、往復だと930円です。小児(6才以上)は片道 250円で往復だと450円になります。
ちなみに10 ㎏以下のペットのみ別途 100円(片道)でご一緒に乗車することが可能です。

駅の売店では千葉県名産のビワや落花生を使った商品なども販売されています。お土産にちょうど良いですね。

 

関東最古の勅願所、「乾坤山 日本寺(けんこんざん にほんじ)の大仏。なんとこの大仏は日本一大きな大仏なんです。
正式名は「薬師瑠璃光如来」といいます。

鋸山の南側斜面10万坪余りの日本寺(拝観料別途)の境内には、大仏のほかにも百尺観音像、千五百羅漢石像群などをお参りすることができます。
鋸山に登ったらぜひ日本寺境内巡りもコースに加えましょう。
境内の周遊は約1時間30分ほどかかります。

鋸山でもっとも有名なスポットは何といっても「地獄覗き」
こちらも日本寺の境内にあります。スリル満点のスポットで、先端から断崖絶壁をのぞき込むことができます。
一応 “手すり” もあって安全とはいえ、実際にその場に立つと高所恐怖症の人は足がすくんで先に進めなくなるほどの恐ろしさです。

 

晴れた日には、頂上から日本一の富士山も眺めることができます。海の向こうに富士山のある美しい眺望は国土交通省認定の「関東の富士見100景」にも選ばれています。他にも東京湾一帯や伊豆大島なども見ることができます。

 

ロープウェイを利用しない場合は浜金谷駅から登る「車力道コース」がオススメです。
鋸山の特徴である切り立った岩肌や岩の間を切り開いた道がところどころで見られ、他の山とは違った雰囲気を楽しめます。
一輪車で石を運ぶのに使っていた道を散策するコースになりますので比較的歩きやすい道になっています。

鋸山データ
都道府県: 千葉県
標高: 330m

アクセス:
電車の場合
JR内房線 浜金谷駅下車、 国道127号線を館山方向へ徒歩約8分
千葉駅~浜金谷駅(普通)約80分

車の場合:

富津館山道路 富津・金谷ICから国道127号線を館山方向へ約5分。

カーフェリーの場合:

久里浜港~金谷港11.5㎞を東京湾フェリーで約40分の船旅
(料金、時間等は http://www.tokyowanferry.com/)
金谷港から国道127号線を館山方面へ徒歩約12分。

 

今回紹介した3か所以外にも、関東圏だと東京の奥多摩にある御岳山や、神奈川の丹沢にある大山などがロープウェイのある山として有名です。いずれの山も初心者向けの山なのでぜひ挑戦してみてください。

スキちゃん

投稿者の記事一覧

自然豊かな環境で育ち、現在は関東を中心に海や山のアウトドアライフを満喫中のアラフォー世代です。女性でも楽しめるアウトドアをご紹介します。

関連記事

  1. 残暑を乗りきろう!
  2. 犬の歯みがきはどう磨く?
  3. 自分の部屋をさらに素敵な空間に・・・
  4. 安心・安全! アロマで虫除けにチャレンジ
  5. 知っておきたい、犬のシャンプーについて!
  6. 楽器の音をだすような~カラダの感覚~
  7. ジャズクラブをさらに楽しむ 〜中級編〜
  8. 登山に行く前にチェックしておきたサイト7選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP