美容

アメリカの最新アロマ事情  〜 ミネラル鉱山編 〜

アメリカソルトレイクシティへ最新のエッセンシャルオイルの情報を求めて行ってきました。
アロマセラピーはヨーロッパが発祥の地ではありますが、近年は代替・補完医療としての医療行為として認められている国も多いのです。

 

何故? アメリカで大ブレーク??

「アメリカは医療費が高い」というのは聞いたことがあると思います。日本では信じられませんが、ごく限られた人をのぞいて公的な医療保険に入っていません。そのためアメリカ人の多くは、ケガや病気をしてしまうと高額の医療費を強いられるため、治療を受けられないという状況にあります。
植物には、抗菌・抗ウィルス・抗炎症・鎮静・抗不安作用等、様々な薬理効果が認められています。精油が持つ薬理効果を、皮膚疾患、伝染症疾患、神経性疾患の治療に役立てたり、自然治癒力を高め心身を健全な状態へと導く目的で使用しているのです。

アメリカでのアロマ(エッセンシャルオイル)の使い方は病気の治療や症状の緩和を目的とし、日本ではエステやリラクゼーションとして香りを楽しむ…使い方が全く違います。

 

そこで、今回はアロマ番外編として「植物の有用性」をご紹介します!
今では広大な砂漠が拡がるユタ州。約一億年前は熱帯のジャングルでした。


片道約3時間半かけてミネラル鉱山(ヒューミックシェール層)へ。
鉱山と言うと思い浮かべるのは金・銀・銅や鉄鋼のような有用鉱物ですが、私が行った鉱山は古代植物堆積層。植物です。
ここから採掘され工場へ運ばれて行きます。

ヒューミックシェール(humic shale)とは1925年に発見されたアメリカ・ユタ州・エメリー郡にある古代植物堆積層のこと。今から約7,000 – 1億2,700万年前の多くの栄養素が含まれる肥沃な土壌が石油や石炭になることなく、有機物として奇跡的に残ったもの。


70種類以上のミネラルをバランスよく含んでおり、食物に含まれるミネラル量が減少し、慢性的なミネラル不足に陥っている現代人にとって、安全に豊富なミネラルを摂取することができる、まさに理想の存在です。

ネイティブ・アメリカンの「メディスンマン」と呼ばれる呪術医は、動物達がその場所の土を好むことを知って「傷ついた動物を癒やす不思議な土」として使い始めたそうです。砕いたヒューミックシェールを持ち歩き、体調の優れない人がいるとすりつぶして食べ物に混ぜて与えていました。薬の役割を果たしていたのです。

 

 「現代人にはミネラルが不足している!」

現代人の慢性症状という病院に行くほどではないですが…夜眠れなかったり、疲れがたまっていたり、朝がだるい、肌荒れがあったり…日頃感じる健康上の不調はミネラル不足が原因の一つなのです。思いあたることも多いと思います。ミネラルは、歯や骨・皮膚や爪・髪の毛・血液(赤血球)などの身体の構成成分で身体の中では作ることができません。慢性的なミネラル不足は糖尿病や心疾患など、生活習慣病のリスクを高めます。


「サプリメント大国アメリカ」食事から取れない栄養は合理的にサプリメントで補います。
ヒューミックシェールは食べ物から補いきれないミネラルを私達に補給してくれているのです。
エッセンシャルオイルも、ヒューミックシェールも、植物の力が詰まったものです。太古の知恵も活用し、最新の技術で植物の力を現代に役立てているのです。
次回は実際にエッセンシャルオイルがどのように使われているのかをお伝えします。

植物の力は偉大です。

 

横浜/青葉台アロマセラピストのKeiでした。

関連記事

  1. お家で簡単ヨガ~春、自律神経のバランスを調えるヨガ~
  2. ユネスコ無形文化遺産「石州和紙」のすばらしさを再確認したい!
  3. アロマを使って 熱中症対策
  4. 高知を旅したら仁淀川を楽しめるアイスカフェに行ってみて!「高知ア…
  5. 有名国産オーガニックコスメのカモミール農園を見学してきた!
  6. お家で簡単ヨガ~夏の暑さも清々しく爽やかに!夏のカラダとココロの…
  7. 実はすごい!「台湾ヒノキ」のチカラ。エッセンシャルオイルを使いこ…
  8. バーベキューに、ピクニックに!割れないグラス「ゴヴィノ」。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP