グルメ

毎日、味が変わる日本酒!?~風の森 秋津穂 純米~

宇宙なる日本酒は不思議がいっぱい。

 

栓をあけて時間がたつうちに味が変わっていく、

その過程がはっきりわかる日本酒があります。

ずばりこちら、風の森 秋津穂 純米。

 

以前にもレア日本酒として登場した風の森。

そのときは京都の酒造好適米である「愛山」バージョンをいただきました。↓

「風の森」との出会いは突然に。日本酒ラブストーリー

 

が、風の森を作っている油長酒造株式会社は奈良県にあり、

せっかくなら奈良県の酒造好適米「秋津穂」で醸したお酒が飲みたい、だってそれがスタンダード……!

飲みたい……!飲みたい……!

 

で、念願かなって手に入ったというわけです(意外とあっさり)。

 

 

さて、TOP画像と同じですがこちらをご覧ください。

風の森のフタを上から撮ったもの。

 

はい、斜めから撮ったもの。

 

お分かりになりますかね、通常の日本酒の栓の上からプラスティックのカバーががっちりはめられ、頑丈なつくりになっています。

それというもの、生酒であるため、

酵母ちゃんがまだ生きている、発酵が止まってない、

ゆえに酵母が作った二酸化炭素ががたまっていき、通常のフタだとボンッ!て噴き出すおそれがある、と思われます(推測)。

 

 

この生きた酒と書いて生酒。

各蔵で出していて、一般的にフレッシュな味わい、私は「高校生のような味わい」と勝手に呼んでおります。

 

 

ではひとくち……

うう~~ん?こ、これは……!?

強い、パンチが強すぎる……!!

甘い、苦い、辛いがガッチャーンガッチャーンと主張し、

なんだか口の中で色々せめぎあう

「激しい味」です。

 

 

 

うまい…のか?

 

 

ラベルを見ると、「超硬水」、硬度214㎎/L前後と表記されています。

 

出ましたね、カルシウムとマグネシウムの含有量で変わる硬水と軟水。

しっかしどのくらいの超硬水なんじゃろ……前に飲んだ軟水仕込みの「梅ヶ枝」の回にて確認してみると…↓

親しい人としっとり飲みたい「秋上がり」。

 

梅ヶ枝は、2939/ℓ

ちょっ……ということは、「風の森 秋津穂」は

梅ヶ枝の7倍くらい硬い。

 

男酒といわれる灘の酒で115.7mg/ 1ℓほどだから、

「風の森 秋津穂」は男の中の男!?

むしろ、漢(おとこ)。

 

※イメージです。

 

ここで思い出しました。

唎酒師の講習で

「硬水だと、酵母ががんばって醸してパワフルなお酒をつくる」と、

とある酒造のスターがおっしゃていたことを!

 

 

腑に落ちました、これが「パワフル」……!

これがパワフルな味……!!

ウォ、Water……!(←ヘレンケラー)

 

 

 

そして私は、開栓から徐々に変わっていく味を楽しむことにしたのです。

「はじめは搾りたての味わいを、(炭酸ガスが)消えたあとはいっそう円熟した味をお楽しみください」とあるように。

 

1日目

綿あめのような、カスターだクリームのような甘い香り。

ビリビリとした強烈な甘さを感じたあと、強烈な苦み、カッと苦みを残したキレ。

 

 

2日目

香りに透明感が出て、飴、ザラメ、砂糖菓子、マンゴーのような香り。

前日よりビリビリした強烈さは抑えられ、カステラのような甘みとコク。

 

 

3日目

ピリッと感は消え、甘味と辛味が同等で表裏一体。どちらの味を捉えようとするかで印象が変わる。

 

 

そして8日目

アタックに感じるのは強い甘味。

苦みや辛みはかなり影をひそめて、丸い甘味が残る。最後に若干の苦みでキレ、じわ~っと旨味が残る。

 

 

……というわけで、

漢のなかの漢である風の森 秋津穂 は

徐々にまあるく甘く変化していったのでした。

※イメージです。

 

 

さて、こんな個性あふれるお酒はそのまま飲んでもいいのですが……

こちらも個性あふれる魚介ソーセージを焼いてみました。

三陸のおみやげにいただいたもので、ほかに何種類かあり、それぞれにパンチのある味がします。

パンチとパンチの打ち合い……なかなか良し!

 

ただ惜しむらくは、もっと味の変化を楽しみたかったのに

8日で飲み切ってしまったということ………!!

 

もっと飲みたかった……涙。

(これでもがんばりました)

 

生酒は基本、劣化していくので、ものすごく苦くなったり、すっぱくなったりするのがスタンダード。

そんななか、まさに円熟の味にかわっていく風の森の底力。

 

人気でレアな理由が分かったように思います。

 

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. 月火水木金 手作り弁当を大公開
  2. メジャーな日本酒の表現を知ろう×作
  3. プロに聞く!ジャムの新しい楽しみ方を知ろう
  4. 罪悪感ないカレーを食べよう♪女子ランチなら「ukafe(ウカフェ…
  5. 父の日のプレゼントには、ちょっとめずらしい日本酒を。
  6. お父さんと一緒に飲みたい日本酒
  7. 精米しすぎないお酒が、 う ま い。
  8. 地元のお酒を感じよう(埼玉)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 自分の部屋をさらに素敵な空間に・・・
  2. 登山用の装備を準備しよう!
  3. アメリカの最新アロマ事情  〜 自然なペットケア 〜

ピックアップ記事

PAGE TOP