グルメ

盛り上がってきた女子会で飲みたい日本酒

2本目の日本酒は?

 

さて、前回「等身大の女子会」を始めるべく、スパークリングな日本酒をおすすめしたのだが、今回は中盤におすすめしたいお酒である。

 

女子会が始まってひととおり近況を報告しあうと、話題は少しずつディープになってくるものだ。

旦那や彼をディするのも良し、勤め先の上司をこき下ろすも良し。

時には「実は昔、〇〇で〇〇が……」と爆弾発言が飛び出すこともあるので、聞き逃せない。

そんな女子会中盤の日本酒に、私が勝手に求めたいことは以下だ。

 

1.日頃のうっぷんをなめらかに放出するための飲みやすさ

→メンバーが全員おいしいと思う味

 

2.炭水化物に合あわせやすい味

→そろそろ買い込んだおしゃれなおかずが底をつき、おにぎりやパン、せんべいなどお腹にたまるものが登場

 

3.ラベルのかわいらしさ

 →渋い筆文字のラベルより、かわいいとうれしい。女性は見た目も味に影響しやすいと思うのだがいかに。

 

と、いうわけで今回のおススメは上記を満たす「越生梅林(おごせばいりん)」

ふふふ、さらに女子会ということで、女性杜氏(お酒を造る時の最高責任者)が醸した一本である。

(昔酒蔵は女人禁制だったこともあり、女性杜氏はまだ珍しい存在のようだ。だからわざわざ「女性」杜氏と呼ばれるのだろう)

(↑こんな合わせ方もいかが。個人的には黒豆せんべいの塩気と越生梅林の甘みがたまらん)

 

先日、たまたまこちらの佐藤酒造店(蔵と店が同じところにある)へ買いに行ったらお店番をしていたのが杜氏の佐藤氏であった。

私はそのかわいらしさに本人を3度見、話しかけてデレデレして……すいません。

 

ご本人曰く、こちらは「ふだんワインなどを飲み慣れている人に、人気のある味」とのことで、ああ確かに。

口当たりが軽く、先に濃い甘さが、次にマイルドな甘さがやってきて、すうーっとキレる。

何度も飲んでも飽きない甘みとでも申しましょうか、たまりません。

ちなみにこのタイプは限定らしいので、欲しい人がいたらお急ぎを。

 

 

女子会の話題

さて、話を女子会にふろう。

近年「女子会」という言葉は老若男女に浸透しているようだが、たまに男性から何を話しているのかを疑問に思われる。

うん、それはね……と説明しようとするのだが、思い出せない。

えーっと……たしかAちゃんの同僚男子のメンタルが弱すぎるとか、Bちゃんは毎日忙しすぎるとか……だったような?

 

おそらく男性方の飲み会もそうだろうが、仲が良いメンツならば、その場が楽しく盛り上がって終わり。

言ってしまえば、話は尽きないが、特に重要な話はない。

わざわざ「女子」と銘打ってはいるが、それほど女子らしいこともしていない(私だけ?)。

みなさんはどうだろう。

 

今の世の中、SNSツールが多岐にわたり、かゆいところに手が届くサービスが充実しているものだが、私にとって最高なのは、友達と直接顔を合わせて話すこと。

飲めるなら、なおありがたい。

そんな友達に囲まれて、ありがたいと思う昭和の女だ。

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. そうだ、京都、飲もう。前編
  2. 発酵食品食べていますか~ 味噌汁飲んでますか~(前編)
  3. 秋のお出かけにカップ酒を連れて行こう
  4. 3年連続一つ星「Jean-Georges Tokyo(ジャンジョ…
  5. 熊本の郷土料理「いきなり団子」が美味しい~!
  6. 交流をあたためるために、酒を温めよう。ぬる燗エンドレス「満寿泉」…
  7. カップ酒で回想旅
  8. 発酵食品食べていますか~ 味噌汁飲んでますか~(後編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. Must-Dos Intended for Improving Your Dissertation Writing Knowledge
  2. Persuasive Composition Writing Strategies: The Good, The Bad and The Unappealing
  3. Just How To Cope With Narcissistic People

ピックアップ記事

PAGE TOP