トラベル

カンボジア流!美味しすぎるライムドレッシングを作ってみよう

 

みなさまこんにちは!

年の半分を旅に費やす、旅ライターこんどうです。

今日みなさんにご紹介したいのは、最近私がハマっている東南アジア カンボジアでよく食べられている、ライムとミントを使ったドレッシング?たれ?のようなモノ。

おうちで簡単に作ってしまえるので、ぜひレパートリーに加えていただきたく!

…というワケで、まずは、「そもそもカンボジアって?」「カンボジア料理って?」というようなお話からしていきたいと思います。

カンボジア料理=クメール料理の特徴

かの有名な世界遺産「アンコールワット」などの遺跡群で有名なカンボジア。

そんなカンボジアで食べられているクメール料理は、タイ料理ほど辛くなく、そしてマレーシア料理ほど甘すぎずに、日本人の口にあうといわれています。

オーガニックで栽培された(というか、バシバシ生えてくる??)豊富なハーブ、そしてフルーツ、世界一美味しいといわれている胡椒の他、ココナッツミルクなどが、そのおいしさの秘密!

カンボジア風 ライム&ミントドレッシングの作り方

さて、そのカンボジア料理の中でも、私が滞在中に本当に感動したのが、ビーフサラダです。

カンボジアではおなじみの一皿で、たいていのレストランや食堂などで提供されています。

こちらの味付けが、今からレシピをご紹介する、ライムとミントを使ったドレッシングなのです!

材料

ナンプラー
ライム果汁
砂糖
ハーブソルト
ブラックペッパー
ミント
カンボジア 胡椒

それぞれ、ずばりそのものの材料が揃えば最高ですが、どうしてもスーパーなどで見つからない場合は、例えばライムはレモン、そしてハーブソルトはただの塩、ミントは別のハーブなどでも代用オウケイです。

1つコダワリたいのは、ブラックペッパーの質。
贅沢を言えば、やっぱりカンボジアの胡椒が断然美味しいです。カンポットペッパーやクラタペッパーといった最高級ブランドを見かけたらぜひGET!楽天やAmazonなどからのお取り寄せもできるみたいです。

作り方

ナンプラーと同量のライム果汁をベースに、砂糖、塩、ブラックペッパーをお好みで。
お砂糖は結構思い切って入れる方が、カンボジア料理っぽくなりますよ。

作り方…と言っても、要するにすべてを混ぜるだけなのでとても簡単。

冷蔵庫で保管すれば、数日くらいはもちますよ。

サラダだけでなく、お肉にも魚にも何にだってあいます。私はこれにダイレクトに生野菜を突っ込んで、ボリボリと食べるのがマイブーム(笑)皆様もぜひ楽しんでみてくださいね。

旅ライター こんどう

投稿者の記事一覧

1年の半分を旅に費やす、超ノマドライター。温泉ソムリエ。

2016年はパリ、ベルギー、中国、台湾、韓国、カンボジア、タイ、マレーシア、インドネシア、そして日本中をぐるぐる。

女子旅ライターが行く!

関連記事

  1. スイーツみたいなコスメ「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」
  2. 青いお茶 バタフライピーって知ってる?
  3. パリで一目惚れした貴婦人チョコ「ボワシエ」
  4. お花の砂糖漬けとチョコレート♪フランスに行ったら買いたいスイーツ…
  5. お洒落な普段使いに。砥部焼を楽しむ
  6. バーベキューに、ピクニックに!割れないグラス「ゴヴィノ」。
  7. 農村ミュージカル?!伝統芸能「神楽」にハマってみませんか?
  8. ユネスコ無形文化遺産「石州和紙」のすばらしさを再確認したい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP