グルメ

日本酒の味は「温度」で変わる!「酔鯨」9温度・飲み比べ(前編)

 

さて、気づけばすっかり寒い冬。

みなさまお元気ですか?

こんな時はあったかい鍋と日本酒で芯からポカポカしたいものですね。ほんとに。

 

 

ところで、「熱燗」って何度のことかご存知ですか?

え、あったかい日本酒のことじゃないのかって?

私も去年まではそう思っていたのですが、だいたいの目安があるんです。

熱燗=50℃

なんですって!

 

 

さて諸説ありますが、お酒の各温度と名称をご紹介します。

5℃………雪冷え

10℃……花冷え

15~20度…涼冷え・常温

30℃……日向燗

35℃……人肌燗

30~40℃…ぬる燗

45~50℃…上燗

50℃……熱燗

55(60)℃以上 飛び切り燗

 

日本人とはかくも細部に神を見出すものなのか!と思いますよね、すごい細分化。

冷たい方の領域は、なんとも風流な名でよござんす。

 

さて、これだけ名称も違うとなれば、味も違うのだろうと予想できますが、

実際に同じ日本酒で温度だけを変えて、味がどう変わるのか、

やってみたいと思うのが人情(酒飲み)。

 

というわけで、お酒売り場でいい感じの一本を見つけました。

売り場の札にロックも、冷やしても、常温も、ぬる燗もよさそうな感じで書いてある……

 

酔鯨(すいげい)であります。

こちらは高知県の酔鯨酒造さんで作られていて、お米の品種は五百万石のタイプ。

五百万石といえば、新潟県で多く栽培されている酒米の品種で、端麗辛口の代名詞でもあります。

 

 

さて、この「酔鯨」を9段階の温度に分けたら、

どんな味になっていくのでしょうか!?

レポートしたいと思います!

(仕事みょうりに尽きる!)

 

名付けて、酔鯨9温度・飲み比べ!

前編ではロック~常温までをお届けします。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さっそく幕開けは、ロックな5℃で!

TANITAの電子温度計で測りつつ、飲んでいきますよ!

1.温度:4.5℃(雪冷え)

味:スッッツキリ!何杯でも行けちゃうかんじ。

日本酒があまり得意でないって方には一度飲んでいただきたい!スイスイ行ける模様。

 

お次は……ちょいあげ…

2.温度:10.1℃(花冷え)

味:先ほどのロックとスッキリ感はおなじ。

 はい、上へまいりま~す♪

3.温度:12.7℃

(ワインを飲む温度といわれる12℃前後)。

味スッキリしつつ、辛みが出てくる。味が変化したのを実感。

スイスイいける飲みやすさは続いております!

なるほどねえ。この辺りまでは「冷たい」って感じました。さてお次は……

4.温度:17.3℃(常温)

味:よりしっかり辛みが出てくる。

この温度で酔鯨を飲んだ人は、「辛口」って言うだろうな、という辛口を実感。

ラベルに辛口って書いてあるのは常温のこの温度のことなのかも。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

ほっほほっほ~♪

酔鯨、うまいです!こりゃ食事と合いますな。ツマミなしでも、どんどんいける♪

え?酔ってないかって?

もちろん酔ってますよ、でも味にしっかり向き合ってます!(自称)

さて、9温度のうち、冷たい~常温程度まで飲み比べてみましたが、すでに味がぜんっぜん違います。

たとえるなら、メイクと服でガラッと雰囲気が変わっちゃう塩顔系女優さんみたいな感じ!(分かりにくい?)

大事なので、もう一度書いておくと、

 

酔鯨の辛みが出てくるのは、13℃あたり!!

 

だと感じました!

 

さて、後半は、常温よりあたたかい温度でスタートです!

お楽しみに~♪

 

 

 

 

斎藤貴美子

投稿者の記事一覧

フリーランスのコピーライター/ライター/利き酒師(2018年12月~)。日本酒は、芸術かつ宇宙だと知り instagramの#SAKEISAWESOMEkimikoにて日本酒にキャッチコピーをつける取り組みを実施しながら勉強中。

関連記事

  1. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。
  2. そうだ、京都、飲もう。前編
  3. いい仕事、してますか? めきめき美味しくなっている「松の寿」
  4. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  5. もう食べた?星乃珈琲のスフレパンケーキ
  6. 季節の変わり目に、甘酒6本勝負(後半)
  7. 可愛すぎるお菓子たち。ちょっとした工作でオリジナル雑貨に!
  8. ティータイムに「お出汁」を飲む?!「日本橋だし場」に行ってみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリ一覧

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 冬を暖かく過ごすインテリアの工夫
  2. 食欲の秋でもアロマを効果的に使用する術
  3. ジャケ買いアリ!クリスマスに飲みたい日本酒。

ピックアップ記事

PAGE TOP